芸能

大島優子の朝ドラ起用理由に異議あり!「歴史上の人物を曲解している」との声

20160308ohshima

 NHKの朝ドラ「あさが来た」の最終週に大島優子が女性活動家の平塚らいてう役で出演する。今回の起用についてNHK大阪のプロデューサーは、「らいてうのイメージが、大島さんのキリッとして愛らしい面とぴったりだった」と説明しているが、この理由に異を唱えるのは女性誌のライターだ。

「実際のらいてうさんは女性の権利を確立するために積極的に活動し、厳格だった父親とは断絶したほど。意見の違う女性運動家との論争も辞さず、かなり強烈な個性を持った人でした。そんな彼女を“キリッとして愛らしい”と捉えるのはあまりに一面的すぎており、外面しか見ていないように思えます」

 そのらいてうは、女性の自由と独立のためには恋愛の自由が必要だとも主張。そんな姿は“恋愛禁止”の女性アイドルとは真逆だ。現在は恋愛解禁の大島だが、「お父さんが好きなんですよ、ファザコンなんです」とも語っており、らいてうの思想とは相いれない様子。そんな大島をNHK大阪は本当にらいてうと重ね合わせているのだろうか? 前出の女性誌ライターはこう語る。

「NHK大阪の局長は『ハツラツとした可愛らしさがドラマの中にそのまま出れば』と語っていましたが、その理由で十分なんじゃないでしょうか。『あさが来た』は視聴率好調で、今さら大島の投入で話題性を作る必要もありません。彼女の起用に裏事情があるのかどうか知りませんが、らいてうのイメージに合っているからと取り繕うと、かえって変な憶測を呼びかねませんよ」

 ちなみに、「あさが来た」の主人公は日本女子大学を創設した広岡浅子がモデル。らいてうは同大学の卒業生で、二人が一緒に写った写真も現存するが、広岡については「自分の手腕に自信満々という態度で、押しつけがましく」と評していたという。そんな豆知識を頭に入れて、波瑠と大島の絡みを見るのも面白そうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
2
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
3
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
4
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
5
カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐