スポーツ

シャラポワの釈明は怪しい?使用したのはポピュラーなドーピング薬だった!

20160309sharapova

 プロテニス選手のマリア・シャラポワが、禁止薬物「メルドニウム」の使用を告白し、出場停止処分を受け入れると表明した。シャラポワは10年以上にわたって医師に処方してもらっていたと語っているが、ドーピング事情に詳しいスポーツトレーナーは、この釈明は怪しいと語る。

「心臓病の治療薬であるメルドニウムは競技力を向上する効果でも知られており、製薬会社のあるラトビアでは主要な輸出品になっているなど東欧やロシアではポピュラーな薬物です。しかし、日本やアメリカでは医薬品として認可されていないのが現実。シャラポワはロシア出身とはいえ6歳からアメリカに住み続けており、永住権も持っています。そんな彼女が治療目的でメルドニウムの処方を受けていたとは信じがたいですね」

 そんなシャラポワのケースは日本人選手にとっても対岸の火事ではなさそうだ。メルドニウムは1月1日に世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の禁止リストに追加されたばかりで、それまでは法律違反薬物ではなかったのである。前出のスポーツトレーナーはこう語る。

「日本では『ドーピングは邪道』という意識が強く、法律違反薬物とは無縁という意識の選手や指導者が多いのですが、それゆえに摂取してしまうケースがあるのです。欧米ではたとえ市販薬でも選手や指導者だけの判断で服用することはありませんが、日本では葛根湯が原因で失格になったケースもあるほど。今回のメルドニウムも旧ソ連諸国ではごく普通に処方されている薬なので、摂取経験のある日本人がいないとは断言できません」

 最近は外国人コーチの指導を受けたり、国外に拠点を設けるアスリートも少なくない。その環境では法律違反薬物に対して今まで以上に高い意識が求められるだろう。今夏に迫ったリオデジャネイロ五輪を前に、日本からドーピング検査の失格者が出ないことを祈るばかりだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!