芸能

八代英輝の「国際弁護士」は大丈夫?タレントの肩書き偽装を見抜く方法

20160323yashiro

 3月17日放送の「ひるおび!」(TBS系)において国際弁護士の八代英輝氏が、室井佑月から「国際弁護士、大丈夫?」と肩書きを心配されたエピソードが明かされた。そんなタレント弁護士やタレント医師に、ショーンKばりの経歴詐称をしている人物はいないのか。資格について詳しい週刊誌記者はこう語る。

「弁護士は弁護士会名簿に氏名が記載されており、登録した氏名を用いる義務があるので、詐称することは不可能でしょう。医師の場合も氏名などを厚生労働省が管理する医籍に登録する義務があり、こちらもやはり詐称は不可能。しかも弁護士や医師では、その肩書きを詐称すること自体が法律違反となります。ニセ医者が摘発されるのは法的な理由があるからなんです」

 一方でショーンKが詐称していた経営コンサルタントはとくに資格が必要ない職種だ。こういった経歴の真偽はどうやって確かめればいいのか。前出の週刊誌記者はこんな方法を提案する。

「どんなに優秀な大学や大学院を卒業していても、いきなり個人でコンサルを始めるのは不可能なので、経歴には必ずコンサル会社や投資銀行、証券会社などの名前が記されているはずです。ただし悪知恵のある人物なら、山一證券のように倒産した企業の名前を騙るケースがあるかもしれません。そんな場合にはいま手掛けているクライアントの企業名を確認するといいでしょう。もし過去の事例しか持ち出さない場合は、怪しい可能性が高いですね」

 ちなみに学歴詐称をする人物は、受験科目や履修科目などの詳細を問われると「昔のことなので忘れた」と言いがち。だが、高学歴な人物ほどそういった細部をよく覚えているものだ。もし周りに怪しい人物がいたら、忘れっぽさをアピールしていないかどうかに気を付けるといいかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題