芸能

橋本マナミの“ハリコミ撮”はガチ?やらせ?スクープ写真に最も必要な要素とは!?

20160324hashimoto

 3月11日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に橋本マナミのオフショットを掲載。これを橋本がインスタグラムに投稿したところ、本当に“ハリコミ撮”なのかという疑問が噴出しているという。ネット民からは、ポーズもカメラ設定も決まり過ぎていて、わざと撮らせたとの声もあがっているが、週刊誌記者はスクープ写真の実情を教えてくれた。

「手つなぎデートや路チュー写真では、被写体となったタレント側がお願いして撮影し直すことは珍しくありません。スクープする側にとっては、タレントが否定できないような決定的な現場さえ押さえてしまえば記事は成立します。あとは証拠となる写真を撮り直すことも、より詳しい記事を作るための手段として普通に行われていますね」

 スクープされた側にとっては、デートや路チューを否定することはもはや不可能。それならせめて取材に応じる代わりに、写りのいい写真を撮ってもらおうと考えるわけだ。それでは今回の橋本のケースはどうなのか。前出の週刊誌記者はこんな推測を教えてくれた。

「最近はデジカメの性能が上がり、繁華街の暗闇でもハッキリとした写真を撮るのは難しくありません。しかも秒間10コマ連射も可能ですから、この程度の写真なら“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”方式で撮れますよ。そもそもスクープ写真で大切なのはカメラの腕よりも、被写体の行動パターンやスケジュールを把握しているかどうか。橋本が訪れる店を知っていれば、この写真を撮ることは難しくないでしょう」

 逆にいえば、スクープ記事を取材する側は目標とするタレントのことを入念に調べ上げており、写真を撮るのは最終段階とも言える。次にスクープを撮られるのは誰なのか。身に覚えのあるタレントはスケジュールを秘密にしておいたほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
有働由美子が「ヤクザ親分交友」激白!?新幹線で話が弾んだ「おじさん」の正体
4
アンジャ渡部が豊洲市場で働いていた!「撮影者は連行」厳戒態勢を関係者が激白
5
木村拓哉は外された?松本潤、「どうする家康」主演抜擢の裏で飛び交う憶測