芸能

乙武洋匡の「不貞」共犯者だった!冠番組が放送された古市憲寿氏に批判殺到

20160331ototake

「週刊新潮」が報じた乙武洋匡氏の不貞騒動について、個人投資家で作家の山本一郎が3月28日、不貞旅行のダミーとして同行した男性の1人が、社会学者の古市憲寿氏であることを暴露した。

「乙武氏は不貞疑惑のある女性と旅行に行く際、その関係を隠蔽するために、ダミーとなる男性を同伴させていたと言われています。そして今回、山本氏が執筆した記事によると、そのうちの1人が古市氏だったといいます。古市氏といえば、近年は様々なテレビ番組でコメンテーターとして活躍し、知名度が上がってきていますから、ネットでは『共犯者だったのか』とバッシングの声が高まっています」(芸能記者)

 乙武氏の不貞騒動が出た際、友人でもある古市氏は自身のツイッターで「庇う気はありません」としながらも、今回の乙武氏の行動が世間一般の人が描く「不貞」とは違うものに感じたと、擁護とも取れる発言をして注目を集めていた。

 そんな中、古市氏による初の冠番組「古市ドア」(フジテレビ系)が、3月29日に放送された。この番組は彼がMCを務め、個性的なゲストと対談していくという企画だったが、その内容に関して、視聴者から辛辣な意見が続出したという。

「番組の後半は、モデルの藤田ニコルと一緒にカラオケを歌うという流れでした。しかし、古市氏は司会という立場でありながら、いくら藤田から歌を勧められても『(曲が)わかんない、わかんない!』という言葉を繰り返すだけで歌うことを拒否。その後も、まったく同じやり取りが永遠続くだけの中身がないものだったため、『これ放送事故だろ』『放送していいレベルじゃない』『やはりMCは無理だったか』と視聴者からは厳しい意見が飛び交いました」(テレビ誌記者)

 今回の放送が好評ならば、レギュラー化の可能性もあるという「古市ドア」。だが、視聴者の反応を見る限り、バラエティ番組のMCというポジションよりも、やはり脇から軽い毒を吐くコメンテーターの方が似合っているのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」