スポーツ

女子ゴルフ賞金女王のイ・ボミの前に現れた“美しい強敵”キム・ハヌル

20160414d

 昨年の日本女子ゴルフ賞金女王イ・ボミ(27)に、美しい強敵が現れた。韓国賞金女王のキム・ハヌル(27)はその実力だけでなく、ボミが白旗を揚げるほどの魅力を持っているのだ。

 国内女子ゴルフツアー第4戦「アクサ・レディース」で初日から首位をキープし、優勝を飾ったハヌル。14年に日本ツアー予選会を受験して昨年から本格参戦しており、今季が2年目だ。スポーツ紙デスクが解説する。

「15年9月の『マンシングウェア東海クラシック』で日本ツアー初優勝も、トップ10入りまで18戦かかるなど、言葉や環境、コースになじむのに時間がかかった。今季もここ2戦、最終日を首位で迎えながらV逸と、メンタルの弱さを指摘する声もありましたね」

 だが、ツアー史上初の「3週連続で初日と2日目でトップ」のハヌルは開き直って5打差の圧勝劇を演じ、ファンから熱い歓声が起こった。スポーツ紙デスクが続ける。

「1日に1個と律していたコンビニのスイーツ菓子を食べまくり、当日は寒さ対策からトレードマークのミニスカでなくパンツ姿で登場。それも勝負カラーのブルーという念の入れようでした。殻を破ったハヌルはボミに劣らぬ人気。勢いもあり、今季賞金女王の最有力にあげられています」

 ハヌルは韓国語で「空」の意味。18番でバーディパットを決めると両手を空に向かって突き上げ、満面の笑みを浮かべた。韓国在住スポーツライターが言う。

「韓国での愛称は『スマイル・クイーン』。『スマイル・キャンディ』と呼ばれるボミと人気を分け合っています。ともにミニスカ好きですが、ハヌルはプロ入り直後から『トレードマークを持て』という父の勧めで愛用している。158センチで愛くるしいタイプのボミに対し、170センチの長身にメリハリのある豊満ボディのハヌルのキャッチフレーズは『美しいにもほどがある』。2人も実家が近く、建国大学の同級生で、仲がいい」

 とはいえ、2人が火花を散らすこともあるようだ。ゴルフ誌編集者が明かす。

「昨年、ボミが日本ツアー史上最高獲得賞金額で女王に輝いた背景には、ハヌルへのライバル心があったと思います。開幕当初、ハヌルにカメラマンが殺到すると、ボミは報道陣にサービスコメントをして囲まれる。あとで『彼女も美人だね』と聞くと『セクシーさではハヌルに負けるわ。私はかわいい路線かな』と“あきらめ宣言”していましたが」

 ボミが負けを認めたハヌルの艶っぽさは、前夜祭のファッションやインスタグラム(無料画像共有アプリ)にアップされた画像からもうかがえる。

「スポンサーが集う前夜祭会場では、ドレスアップしたハヌルの脚線美に視線が注がれます。肉感的なボディラインが黒や紫のシックな色合いとマッチし、肩から腕、裾あたりの透け具合がセクシー度満点。一方ボミは、白やパステルカラー基調の華やかな有名ブランドのワンピース。インスタグラムでも、プライベートショットをともにアップしています。ボミが髪を解き、胸元に垂らせてほほえめば、ハヌルは夜会風に束ねてネオン街の趣を醸し出す。お互いを意識するかのような美と色香の競演です」(前出・ゴルフ誌編集者)

 男のタイプも好対照で、

「ボミは一度、韓国の人気アイドルと噂になりましたが、ハヌルはプロ野球好き。始球式の経験もあるし、韓国人メジャーリーガーとオフにゴルフを楽しむ姿もキャッチされてます。今は二刀流の大谷翔平に興味津々のようです」(前出・スポーツライター)

 次回のミニスカ対決は、4月17日開幕の「KKT杯バンテリン」だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然