芸能

「大食い選手権」中村ゆうじが22年秘話を“卒業”満腹告白!(3)食事に行ったら店が激怒した

20160421p3rd

 すごいと思うのは、ロケ終わりの夕飯の時。試合後でも、選手はみんなきっちり参加するんですよ。夕飯は別腹(笑)。食べることが本当に好きなんです。試合が終わって緊張感もないから、オンエアよりも食う量がすごいんじゃないかな。2時間くらいはざらに食べ続けていますね。ほら、バイキングに行くと試合と違っていろんな料理が食べられるから飽きないみたいで。

 ヨーロッパロケに行った時にはこんなこともありました。赤阪さんとジャイアント白田、僕とスタッフの4人で、撮影後にレストランに行ったんです。そしたらあまりにもサービスのパンやら何やらをガッバガバ食べるもんだから店員さんが「ふざけてんのか!」って怒りだしちゃって。僕がつたない英語で「この人たちは日本から来た大食いの選手で‥‥」って説明して謝るハメになってね。当の本人たちは「食べ足りないからもう1軒ハシゴしましょうよ」なんて言ってる。局が代金を出してくれるもんだからここぞとばかりに。

──

 選手同士での色恋は?こう問いかけると、中村は「これは言っちゃっていいのかな‥‥」と少し戸惑いながら、こっそり明かしてくれた。

──

 みんなめちゃくちゃ仲がいいんですよ。試合で優劣をつけるわけだけど、終わっても全然ギスギスしてない。知り合った選手でしょっちゅうつるんで、どこかに何か食べに行ったりしています。そんな和気あいあいとした関係だから、大会中に選手同士が仲よくなってカップルができたことも過去にありました(笑)。ちょっと個人名とかは控えさせてもらうけど、やっぱり同じ大食いの身として、わかり合えるところがあったんでしょうね。

──

 大食い実況というライフワークに一区切りつけた今、自身と番組の今後について、どのような展望を持っているのかを聞いてみた。

──

 僕は、もともと役者の勉強をしに福岡から東京に出てきて、パントマイムと出会って、それを身につけて今がある。「本線に帰るべきかな」と思っています。あと、元ゆーとぴあのホープさんとコントグループを組んでいるんですよ。僕も今年で60歳になるから、これからは60代以上の方をターゲットにしたお笑いにもチャレンジしていきたい。

 番組に対しては、初めて大食いをレポートしてから22年培ってきたチームワークの中、僕だけが戦線離脱して非常に申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが、だからこそ次の司会者の方が入ることで新しい番組、新しい大食いになってくれたらいいなと心から思います。僕が見たことないエンターテインメントとして大食いが生まれ変わってくれたら、こんなに最高なことはないですね!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え