芸能

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(7)「あの美女たちの名言」発掘調査-その2-

20160421x

 NHK朝ドラ「花子とアン」のヒロインも経験した吉高由里子(27)だが、みずから出演を直訴した「蛇にピアス」(08年、ギャガ)は、21世紀の女優としては奇跡と呼ぶに等しい。吉高の一糸まとわぬ姿や刺青、舌に入れたピアスも話題になったが、ベッドシーンのセリフも超ハード。果てた男に対し、いら立ちを隠せずに言う。

「お腹に出せないんだったらゴム使って!」

 女優としての大きな分岐点となった。

 今や主演女優賞の常連である原田美枝子(57)は、若き日は特大バストが売り物だった。とりわけ、水谷豊と共演した「青春の殺人者」(76年、ATG)は、その魅力を味わうのに最高の1作。

 水谷とのセックスを終えると、胸を誇示するように立ち上がり、言った。

「私のこと、よく見てもらいたいの」

 バストだけでなく裸尻も含め、カメラはあらゆる角度から原田を映し出す。映画館にどよめきが起こったことは間違いないだろう。

 無名時代のお宝ヌード映像として名高いのは、高島礼子(51)の「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)だろう。本来は秋吉久美子が主演のはずが、あまりの描写に恐れをなして降板。高島の初主演作となった。

 高島が扮したのは精神分析医。刑事役の神田正輝とビルの一室でセックスに励む場面は、ビルの外からカメラを向けている。

 バックで犯されながら、高島の形のいいバストがガラス窓に押しつぶされる。さらにガラスを背にして、立位の形でファック。そして高島は、羞恥プレイを楽しむかのように漏らす。

「誰かに見られているかもしれない、興奮するわ」

 その後も2人の倒錯的なカラミは何度も登場する。

 青春映画の佳作である「サード」(78年、ATG)は、森下愛子(58)の宝石のようなヌードが拝めると根強い人気を持つ。森下は「新聞部」があだ名で、同じ高校の「サード」(永島敏行)とともに、図書室の一角にいる。お互い、下半身だけを脱ぎ、森下は永島の股間を見てつぶやく。

「ふーん、こんなになってるの? 触っていい」

 別の場面では新聞部の部室で、対面座位の形で永島と初体験。

「よくこういうのあるじゃない」

 腰を揺らしながら、アンニュイにつぶやくのが逆にエロティックである。

 最後は、隠れ巨乳として知られる夏帆(24)。公開されたばかりの「ピンクとグレー」(16年、アスミック・エース)では、これまでのイメージを打ち破る大胆な場面が続く。

「探したし、飲みたいし、イキたいし‥‥」

 会員制秘密クラブのレストルームで、見知らぬ男を挑発的に誘惑し、壁に体を押しつけ、男の唇に舌をねじ込んでゆく。

 さらに、中島裕翔との激しいベッドシーンでは、フィニッシュのあとに悠然とつぶやく。

「思いっきりぶつけられるの私、嫌いじゃない」

 ピストンの荒々しさを指しているのだろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”