芸能

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(2)「佐々木心音・マリアの乳房」

20160421s

 あどけない顔立ちだが、167センチ、B88・W58・H88の見事なプロポーション。期待の若手女優・佐々木心音(25)は、大胆な演技にも定評がある。

 初ヒロイン作「フィギュアなあなた」(13年、角川映画)では、心を持ったフィギュア・ココネ役を、一糸まとわぬ姿も辞さない覚悟で熱演した。

「最初にセーラー服を着ていた以外、ほぼ何も着ていませんでしたね。後半にはオムツを着させられるシーンもあって、そのほうが数倍、恥ずかしかったかも」

 ココネは主人となる男(柄本佑)に抱かれるたび、わずかだが人間の心を持つようになる。

「あなたがいれば‥‥それで幸せ」

 それが心音にとって忘れられないセリフだった。

 さらに主演作「マリアの乳房」(14年、レジェンド・ピクチャーズ)では、幼い頃から超能力を持った売春婦・真生に扮する。

「真生は体を触れた相手の死期がわかるという特殊能力を持っています。相手にとっては絶望的な状況を、自分の体を投げ出すことで恐怖を取り除いてあげるんです」

 ハイライトとなるのは、自殺を考えている高校生・和馬との出会いだ。真生は廃ビルの一室に和馬を引き連れ、黙って服を脱ぎ出し、和馬に告げる。

「キミも脱ぎなよ」

 和馬は女体に触れたことがなく、手が震えている。真生は、柔らかな乳房を差し出し、女神のような表情で言う。

「触ってみる?」

 和馬の手が真生の乳房に触れた瞬間、死のイメージが浮かんだ。真生は、和馬の体を受け入れながら、どちらの意味にも取れる言葉をつぶやいたと演じた心音が言う。

「これが1番、印象に残っていますが、真生は『大丈夫、怖くないから』とささやきます。和馬の上にまたがる形で合体し、シーツがうごめく感じも、エロスをかき立てましたね」

 心音は「エロス」という言葉に強いこだわりを持つ。女にしか持てない母性の固まりのような状態こそエロスであると──、

「私、撮影に入ると目の前の人を好きになっちゃいますね。それに、カラミの途中でセリフを言わされることが不思議と多いんです」

 前出の「マリアの乳房」だけでなく、人気コミックを映画化した「スキマスキ」(15年、AMGエンタテインメント)でも同じだ。

「私のキャリアでも1番好きなセリフですが、カラミをやりながら『このスキマをこじ開けて、どんな世界があるんだろう。あなたものぞいてみて』って言うんです。スキマの向こうの世界と、セックスのエクスタシーを比喩として掛け合わせたセリフですね」

 これらのセリフを増幅させるのは、日本人離れした心音の圧倒的なボディだ。自身は「魅せるカラダ」について、どう分析しているのだろう。

「私はお尻が大きくて、日本人っぽくない形なんです。自慢なのは背筋が強いことなので、ウエストのくびれにもつながっています。これからは『日本一、Gパンが似合う女』を目指しますよ」

 着てよし、脱いでよし!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”