芸能

天才テリー伊藤対談「上田まりえ」(1)自分の表現の幅をもっと広げたくて

20160421h

●ゲスト:上田まりえ(うえだ・まりえ) 1986年、鳥取県生まれ。専修大学卒業後、09年にアナウンサーとして日本テレビに入社。「スッキリ!!」「PON!」「真相報道バンキシャ!」「月曜から夜ふかし」など、バラエティから報道番組まで幅広い分野で活躍する。14年、鳥取県の「とっとりふるさと大使」に任命。今年1月末をもって日本テレビを退社し、翌月より松竹芸能所属のタレントとして活動を開始。早くも「ダウンタウンDX」「ナカイの窓」(ともに日テレ系)などにゲスト出演し、話題となる。4月からは「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)にアシスタントとしてレギュラー出演中。

 今年1月に日本テレビを退社したあと、なんとマルチタレントへの転身を発表して大きな話題を呼んだ、人気女性アナウンサー・上田まりえ。その大胆な選択は、いかなる理由からなのか。番組で共演していた天才テリーが引き出した、彼女の胸の内、また今後の展望とは!?

テリー おっ、髪型変えたな。今はやりの三戸なつめ、意識してるんだろ。

上田 いえいえ(笑)、美容師さんにお任せしてるだけで。今、前髪がどんどん短くなってるんです。

テリー そうか。でも、本当に久しぶりだなぁ。

上田 はい、まさかこんな形でテリーさんにお会いできるなんて!

テリー 「スッキリ!!」でコーナーを担当していたのはいつだっけ?

上田 確か入社2年目(10年)の秋からですかね。

テリー じゃあ、ちゃんと会うのはそのあたり以来か。いつ頃から日テレを辞めようと思ってたの?

上田 3年前ですね。「快脳! マジかるハテナ」という番組でナレーションを担当していたんですけど、その時にあらためて「表現の仕事っておもしろい!」と思いまして。

テリー アナウンサーだって「表現」する仕事じゃない。仕事がつまんなかったの?

上田 いえ、すごく楽しかったです。だからこそ、アナウンサーの枠に縛られない表現をしてみたいと思ったんです。あと、局内に「自分の場」がうまく作れなかった歯がゆさもあります。入社してしばらくは、私のことをアナウンサーとして認識してもらえていなかったんじゃないかな? とも思いましたし。

テリー でも、「日テレの女子アナ」ってだけでも、すごいことじゃない。すごい倍率の中から選ばれるわけでしょう?

上田 確かにそうなんです。でも、24か25歳ぐらいの時がいちばんしんどかったです。後輩が続々入ってくるじゃないですか。そうすると周りから「後輩がいっぱいテレビに出てるのに、上田は何してるの?」とか言われるんですよ。

テリー 後輩って、誰だっけ?

上田 翌年入社が水ト麻美アナウンサーで、その次の年が徳島えりかアナウンサーです。

テリー なるほど、2人とも今や日テレのエースだ。でも、その時、会社に「もうちょっと華やかな番組に出たいです」とお願いしたら、その悩みは解消したんじゃないのかな。

上田 私の場合、アナウンサーという職業に憧れを抱いていましたけど、それは「テレビにたくさん出たい」ということとはイコールではなくて、「人に何か思いを伝える」ということに、魅力を感じていたものですから。

テリー 例えば、報道だったらテレビに出る機会も多いじゃない?

上田 一度、殺人事件の現場報道を任されたことがあったんですが、被害者・加害者の取材を進めるほど、胸が苦しくなって。そこで自分は報道に向いていないことを認識して、自分が伝えたいことは「誰かの気持ちを楽しくさせるもの」なんだって気づきました。

テリー なるほど、じゃあ何でもやらなきゃいけないアナウンサーは無理だね。

上田 でも、当時はまだ自分はアナウンサーとして胸を張れることができていなかったので、まずは目の前の仕事としっかり向き合ってみようと。そのあと、手がけた仕事の中でやりがいを感じた時に、やっと「あ、今が辞め時かな」と素直に思えたんです。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」