芸能

名作妖艶シネマ「このセリフが悩ましかった!」(3)「丸純子・オトナの恋愛事情」

20160421t

 スクリーンと雑誌グラビアでコアな人気を誇る丸純子(40)。古きよき言葉たる“トランジスタグラマー”の魅力を、四十路を迎えてもキープしたままだ。

──今年は早くも2本の主演作が公開。では、まず最新作である「オトナの恋愛事情」(レジェンド・ピクチャーズ)について聞きましょうか。

 大人の女性雑誌の編集者・詩織という役なんですよ。仕事面では自立しているけど、恋愛面は幼稚で、高校生よりレベルが低い。

──経験値が、ということですか?

 いつでも星の王子さまを待っているみたいな精神面ですかね。私自身はいろいろな経験もしているので、今の自分と照らし合わせると、私はスレたなと思います(笑)。

──いやいや、153センチ、B83・W58・H85の「抱き心地のよさそうなボディ」もさることながら、どこかピュアなまま熟女になったという印象がありますよ。

 そう言っていただけるとうれしいですけど。あっ、私、ヌードのグラビア撮影に備えてダイエットしたりすると、必ず編集の方に「何でやせたの!」と怒られるんです。

──はい、お椀型のバストや白桃のようなヒップが小さくなるのは、大きな損失です(笑)。さて本編に戻ると、憧れのイケメンAV男優・駿介と、インタビューをきっかけに急接近。取材の帰りにホテルに誘われることになる。

 いざ、という段になって私が拒むんです。「ごめんなさい、歯磨きしてないし、お酒臭いし、シャワー浴びてないし」

──リアルですね。男と女に必ず訪れる局面です。

 結局、その日はセックスすることなく、駿介に対して謝るんです。「私、やっぱり下着とか体とか、準備ができていないのが許せなくて、本当にごめんなさい」

──これもリアルですね。抱きたいと思っている男にとっては、大抵のことはOKですが(笑)。さてもう1作、人妻の不倫を描いた「逢いびき」(14年、レジェンド・ピクチャーズ)も紹介しましょう。

 エレベーターの事故で閉じ込められ、以前に会ったフリーカメラマンと偶然の再会。そこから少しずつ距離を縮めていきます。

──ただし、ホテルで向かい合うと「ごめんなさい、やっぱり無理」と切ないセリフを口にする。

 エッチしてしまったら、どこまで突っ走ってしまうんだろう‥‥という不安。それでも、やはり抑え切れずに燃え上がってしまう。セックスのあとに「ずっと一緒にいたい」と言われて、そこで「お願い、言わないで!」と叫ぶのが、人妻としてのいろんな感情を込めていますね。

──数多くの濡れ場を経験しましたが、撮影に向かう心境に変化がありますか?

 私にとってセックスするシーンも、食事するシーンも、人間の営みとして変わらずに表現しています。ただ、脱ぐとなると、ハダカが衣装という感覚。そのためにも、恥ずかしくない体でいたいと思います。

──やはり、ダイエットは厳禁ですよ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”