芸能

石原慎太郎が中居正広に理不尽ブチ切れた「超緊迫現場」の裏事情とは!?

20160415nakai

 4月1日、石原慎太郎氏が、SMAPの中居正広が司会を務める「金曜日のスマイルたちへSP」(TBS系)に出演した。

 この日の番組では田中角栄を特集。今年1月に角栄をテーマとした著書「天才」を刊行した石原氏をゲストに招きトークを展開した。

 自著の宣伝にもなり、さぞ上機嫌かと思いきや、登場時から石原氏は超不機嫌。番組名物でもある「赤い服を着た女性陣」を指して、「これはどういう人たち? 気持ち悪いね」と言い放ち、司会の中居にも「どういう人たち?」と問い質した。

 さらに「天才」を読んだという中居が、「(かつて角栄批判の先頭に立っていた)当時からそういうふうに感じられていたのか、それとも長い間政治の世界で歩まれてきた『今の石原さん』が感じられて書かれたのか」と石原氏に質問した際には、「あなたの言ってることはよくわからねえな。何?」と理不尽なブチ切れ。スタジオの空気が一気に凍りついた。

 一体、なぜ石原氏は機嫌が悪かったのか。その背景について、

「元々、バラエティが大嫌いにもかかわらず、出版社との関係でイヤイヤ出演したんですよ」

 と解説するのは、事情を知る出版関係者である。さらにこう続ける。

「清原和博の自伝『男道』や百田尚樹の『殉愛』、190万部のベストセラーとなった渡辺和子の『置かれた場所で咲きなさい』など、『金スマ』で特集されて大ヒットを記録した書籍はいくつもあります。そして、これらはすべて番組と太いパイプを持つ幻冬舎の本なんです。案の定、今回の『天才』も幻冬舎から出ていますが、元々は石原さんから幻冬舎の社長に頼んで刊行に至った本。そういう経緯があるだけに、石原さんは番組出演を断れずにイヤイヤ出て、ああいう態度になったんですよ」

 ブチ切れられた中居にとっては、とんだトバッチリである。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?