芸能

前田敦子が芦田愛菜より格上に?主演ドラマが「OUR HOUSE」を蹴散らす好調ぶり

20160516maeda

 前田敦子が濃厚キスなどの艶シーンに挑戦していることで話題のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)が好調だ。5月11日深夜放送の第4話では視聴率3.4%をマーク。2.1%発進だった初回から大きな伸びを見せており、事前の予想を裏切るヒットとなっている。その好調ぶりについてテレビ誌のライターが解説する。

「本作品が放送スタートする0時12分は、本来なら視聴率がガタ落ちする時間帯です。TBSで言えば『NEWS23』を見終わった時点でテレビを消す人が多く、24時台の視聴率1%はプライムタイムの2.2%に相当すると言われています。その計算でいくと『毒島ゆりこ~』の最新回は7.5%に相当し、ドラマが低調な昨今ではなかなか健闘している数字と考えていいでしょう」

 そんな好調ぶりに加え、主演の前田に関しても聞こえてくるのはいい話ばかり。「演技は下手」という声はまだ多いものの、本人がこのドラマを楽しんでいるのは確かなようだ。その姿は、視聴率が低迷するドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)で主演を務める芦田愛菜と対照的だと、前出のテレビ誌ライターは指摘する。

「芦田に関してはダブル主演のシャーロット・ケイト・フォックスと現場で一言も口を利かないとか、所属事務所がフジテレビにプレッシャーを掛けているなど、いい話を聞きません。そして視聴率は3.8%までダダ落ちし、『毒島ゆり子~』に肉薄される始末。もし視聴率で逆転されようものなら、前田より数字を稼げないというレッテルが貼られるのは確実でしょう」

 ちなみに芸歴では前田のほうが先輩。女優歴に限っても前田は2008年に連ドラ初主演を果たしており、2009年デビューの芦田より先輩なのである。それでも女優としての格は芦田のほうが上だとするのが一般的な見方だったが、この調子では名実ともに前田が芦田を上回る可能性も低くなさそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔