政治

舛添要一 政治資金不正使用疑惑でも知事の座にしがみつく「銭ゲバ&金欠」事情(1)

20160602n

 5000万円の裏金疑惑で失脚した前任者に続き、またもや政治と金の問題で火ダルマになっているのが、舛添要一都知事(67)である。だが、怒濤のごとき批判を受けても辞めたくない「金銭事情」があった。

 昨秋のパリ、ロンドンでの総額5000万円以上に及ぶ超豪華海外出張をはじめ、舛添氏の公私混同、政治資金不正使用疑惑が次々と出るわ出るわ。

●公用車で49回も神奈川県湯河原市の別荘通い。

●自宅近くの天ぷら店やイタリア料理店で約25万円、別荘近くの回転寿司店で約5万円をそれぞれ打ち合わせ名目で支出し、政治資金収支報告書に記載。

●飲食店から白紙領収書を恒常的に取得。

●13、14年の正月、家族旅行で利用した千葉県内の温泉宿泊費約37万円を会議費として計上。

●12年のお盆休みに、日光東照宮近くのホテルに宿泊。約8万4000円を政治資金収支報告書に宿泊代として記載。

●ネットオークションなどで、474万円分の美術品を政治資金で購入。

●代表を務めた政党支部の解散直前に、自身の資金管理団体へ政党交付金526万円を移譲。

●東京・世田谷区内の自宅兼(妻が代表を務める)事務所に、舛添氏の政治団体から家賃として約1600万円を支出──。

 なんたるセコさ。5月13日の記者会見で、舛添氏はホテル代と一部の私的な食事代、計約45万円についてはミスを認め、返金する意向を示した。だが複数の世論調査では、9割以上から「納得できない」と突き放される始末。

「家族旅行での温泉利用発覚については、同施設のオーナーと関係が深い地元県議が出どころのようです。たびたび報じられた舛添氏の韓国偏向や、金銭トラブルが原因で仲たがいしたからだと」(政治部記者)

 舛添氏のケチケチ行状は今に始まった話ではない。10年4月、自民党を離党した舛添氏が立ち上げた「新党改革」でのあきれた素顔について同党関係者が憤る。

「新党結成時に幹部は1人100万円ずつを寄付したのですが、舛添さんだけは1円も出さなかった。党員同士の会合にも『お金がないから』と、一度たりとも出席していない。にもかかわらず、党が銀行から借りた2億5000万円の返済を政党交付金で賄った疑いがある。これは政党助成法で禁じられている行為です。発覚時に弁護士に相談したところ、『不当ではあるものの、違法とまでは断言できない』とのことで、告発は見送ってきましたが‥‥」

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
3
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
4
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!
5
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!