スポーツ

3紙「エース記者」大儲け座談会!日本ダービーはこうなる!(3)過去7年で6連対!1枠の馬が最大の穴

20160602a3rd

山河 僕は青葉賞2着のレッドエルディストのほうを評価します。好走する根拠もそろっていますし、この馬が本命です。

水戸 えーっ! オレと同じじゃないか(苦笑)。

漆山 水戸さんもレッドエルディストが本命?

水戸 はい‥‥そうです。

山河 3月に中京の大寒桜賞を勝っていますよね。1勝馬、特に関西馬はダービーを見据えてここを使うようになったんです。実際、過去の勝ち馬は1頭を除いて青葉賞に出走して【3】【2】【2】【2】着と好走。この4頭は全て5、6戦目で大寒桜賞を勝ったわけですが、レッドエルディストは、わずか3戦目での勝利でした。

水戸 私も、この馬が青葉賞に登録した時点で「ダービーはコイツかな」と思ったくらい。青葉賞では単勝をしこたま買ったんだけど(苦笑)、誰が見ても「キレイだな」と思うグッドルッキングホース。特に3歳の若駒は、馬体のよしあしが大きいレースでは結果につながるものなんだ。89年のウィナーズサークル以来となる芦毛のダービー馬が誕生すると思っている。

漆山 ゼンノロブロイ産駒とは思えない鋭さがありますし、青葉賞では勝ち馬にけっこう詰め寄っていますからね。印はつけます。

水戸 何より、血統がスゴい。叔父は仏2000ギニーを含めてGI2勝のオージールールズ。一族にもGI馬がいて、アルボラーダは英チャンピオンズSを2勝している。

山河 スペシャルウィークが勝ったJCで、来日しながら取り消した馬ですね。

水戸 レディジョセフィンという、この馬の母系の祖は、まあ、世界最高の牝系と言っていいから。

山河 四位騎手も今度は2回目の騎乗。勝負師的なところがあるのも魅力です。

水戸 私は3強の1角、リオンディーズは無印にするが、2人の評価は?

漆山 気性面の課題がクリアできていないのでしょうけど、それよりデムーロ騎手とは合わないんじゃないかと。扱いやすい馬を自分の思うように操ってよさが出る騎手ですからね。

山河 強風もありペース判断が難しかったにせよ、先頭に立つのが早すぎた。でも、底力があるからやっかいなんですけどね。さすがに無印とはいきませんが。

水戸 他では相当しぶとい競馬をするレインボーラインや雨が降った時のブレイブスマッシュなど、気になる馬もいるけど。

山河 イモータルは怖い1頭だと思います。共同通信杯のあとはダービー1本という話も出ていたくらい。皐月賞を使わなかったのは右回りが合わないからで、ダービーと距離が異なるNHKマイルCの敗戦は、度外視していいですね。

漆山 いずれにしても大事なのは枠順でしょう。ダービー週はBコースからCコースに替わるんですが、09年からの7年間で1枠が6連対しているんです。僕はどの馬が入っても、とりあえず1枠を買います(笑)。

山河 仮に前日に雨が降っても東京競馬場は内側から乾く特徴もあるし、そうじゃなくても、内側の馬場状態がいいのは確かですね。

漆山 ある程度いいポジションにつけられる脚がある馬なら、絶対買いです。

水戸 ま、それは枠順決定を待つとして、今年は「青葉賞組が穴をあける」ということだな。

山河 はい、そうですね。

漆山 いや、だから穴は1枠の馬ですって(笑)。

水戸 しつこい!

<座談会メンバー>

水戸正晴 サンケイスポーツ記者。週刊アサヒ芸能で「万券を生む血統論」を連載する大穴党。狙うのは、1年に1度は手にしてきた帯封(100万円)。今年はこのダービーで1本目が実現する?

漆山貴禎 夕刊フジ記者。東京大学文学部卒。競馬記者歴は11年。予想スタンスは実績とデータ重視。一昨年のGIで、3歳牡牝3冠の6戦全てを的中させる快挙を演じてみせた。

山河浩 東京スポーツ記者。97年入社後、一貫して中央競馬担当の大穴党。04年、皐月賞の馬単を1点勝負。150万円余りを的中させるも、ダービーで同じ2頭に突っ込んで紙クズに。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故