芸能

真木よう子は“チョロい女”?バカリズムが“口説き方”を公開暴露

20160526makib

 男勝りな性格と思われていた真木よう子の“意外な一面”が話題を呼んでいる。

 真木は5月22日放送のバラエティ番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。VTRで“真木のプライベートをよく知る友人”でバカリズムが登場し、「真木を一言で言うと?」との質問に、「一言で言うと乙女ですよね」と回答したのだ。

 いわく、バカリズムと夫婦役でCM共演した際に、真木が「私、本当はこういう可愛らしいイメージをもっと持たれたい」と、嬉しそうに話していたという。

 バカリズムは「『可愛い』と言ってあげると真木さんすごく喜ぶと思います」とも話していたが、真木にこのことを確認すると事実であることを認めたのだ。

 それを踏まえて、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也が「マジで可愛いっすよ」と言うと、ネタだとわかっていながらも真木の顔が完全に乙女のそれになり、嬉しそうにしているのが、視聴者の目にも一目瞭然だった。

「真木のように、気が強そうで男っぽく見られがちな女性ほど可愛いと持ち上げられると嬉しく感じるというのは事実かもしれませんね。そういったことを考えても、4月に週刊誌で報じられた、ホストクラブで一晩2000万円使ったというのも納得できますね。夜の男たちにとってそういったセリフは常套句のようなものですし、女性が何を言えば喜ぶかを察するテクニックがありますから、『意外と可愛いね』を連発されたかもしれません。そう考えると、真木は“チョロい女”とすら思えます(笑)」(週刊誌記者)

“口説き方”がテレビで公開されてしまっただけに、今年は真木の熱愛スキャンダルが多数発覚するかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」