芸能

天才テリー伊藤対談「矢吹春奈」(1)カメラマンは絶対篠山紀信先生で!

20160616i

●ゲスト:矢吹春奈(やぶき・はるな) 1984年、東京都生まれ。15歳の時に渋谷でスカウトされ、芸能事務所に所属。03年、「テレ朝エンジェルアイ2003」に選ばれ、その後、05年から07年まで3年連続で太陽石油のイメージガールを務める。07年、テレビ東京系「美少女戦麗舞パンシャーヌ 奥様はスーパーヒロイン!」の新庄由美子役で主演、オープニング曲も担当。09年、芸能活動を一時休止し、米ロサンゼルスに語学留学。10年5月に芸名を阿部真里へ改名するが、13年1月に芸名を再び矢吹春奈へ戻す。初のヘアヌードに挑戦した、篠山紀信氏撮影による写真集「春奈」が5月27日に発売されたばかり。6月25日から公開される綾野剛主演の映画「日本で一番悪い奴ら」にも出演する。

 大人気グラビアアイドルから本格的な女優へと転身。最近では大胆なヘアヌード写真集も発売して、今、最もホットな話題を振りまいている矢吹春奈。そんな彼女に、天才テリーが急接近。写真集発売のきっかけから撮影の裏話、最近の恋愛について、じっくりと聞き出した!

テリー 久しぶりだね。最近、GJK(グラビア女子会)のメンバーで集まってるかい?

矢吹 なかなかみんなで集まれる機会はないですね。テリーさん、また御飯に連れて行ってくださいよ。

テリー そうだな、みんなの恋愛事情も聞かなきゃいけないしな(笑)。ところで、ついに初めてのヌード写真集を出したんだね。

矢吹 はい、出させていただきました!

テリー 恐らく、今までもそういうオファーはあったと思うけど、今回決意した理由は?

矢吹 昨年末に、講談社の方から熱烈なラブコールをいただきまして。今までだったら「う~ん」って迷ってたんですけど、なぜか今回はすぐに「あ、やってみたい!」と思えたんですね。なら、このタイミングで出してもいいのかなって、素直に思えたんです。

テリー 脱ぐことに抵抗はなかった?

矢吹 全然なかったですね。まず考えたのは、「キレイに撮ってほしい」「いい写真集にしたい」、それだけでした。

テリー 「せっかく脱ぐんだから」って、今回は相当ワガママ言ったんだろ?

矢吹 そんなの言ってませんよ(笑)。でも、「カメラマンは、篠山紀信先生じゃなきゃ絶対イヤだ」とは言いました。

テリー おいおい、ずいぶん大きなワガママ言ってるじゃないかッ(笑)。篠山さんを指名したのは、何でなの?

矢吹 10年ぐらい前に一度撮っていただいたことがあって、その時の写真がすごくステキだったんです。だから篠山先生なら「絶対キレイに撮ってくださる」って安心感があったんです。

テリー 「どういう写真集にするか」っていう打ち合わせは、篠山さんと?

矢吹 そうです。で、先生が「こういう雰囲気はどうだろう?」って見せてくださったのが、樋口可南子さんの「water fruit」という写真集で。

テリー もちろん知ってるよ。日本のヘアヌード写真集第1号で、すごく売れたんだよ、あれ。

矢吹 そうです! 本当にステキなヌード写真ですよね。あの写真集はモノクロだったんですけど、今度はそのカラー版を目指そう、という話になって、先生といろいろイメージなどを相談させていただいて、内容を決めていきました。

テリー そりゃまた、すごく贅沢な話だね。撮影場所はどこだったの?

矢吹 2泊3日で伊豆に行ってきました。

テリー 俺、全然知らないんだけど、撮影中の篠山さんって、やっぱり怖いの?

矢吹 いえ、すごく優しいですよ。ずっと気を遣ってくださって、私がリラックスできるような雰囲気を作ってくださいました。あと、先生から「今回のスタッフは、センスのいいオカマにしよう」という提案があって、現場のスタッフは全員ゲイの方で固めさせていただきました。

テリー 確かに、現場にスケベなヤツがいたりしたら隠し撮りされちゃうからな、少なくとも俺は絶対に撮るよ(笑)。じゃあ、そういう部分も安心して撮影に臨めたんだね。

矢吹 はい、毎日すごく楽しい撮影でした。先生にお願いして、本当によかったと思います!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋ドラマ「ドクターX」、新キャスト発表で視聴者期待値爆上がりの「ポイント」
2
馬場ふみか、「裏サービス店で胸揉みほぐされ」艶技に男性視聴者が釘付け!
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは