政治

トランプ大統領誕生で日米関係がトンデモ激変する!(2)トランプ氏が熱を上げた女性とは?

20160616z2nd

 同日、サウスカロライナ州で行われた遊説先の集会で、突然、聴衆の一人だった女性を壇上に招いた。

「お会いするのは初めてですよね?」

 トランプ氏は女性に尋ねたあと、おじぎの姿勢になり、自分の髪を触らせた。チェックした女性が地毛だと証言すると、

「私はカツラを着けていない。これは自分の髪だ!」

 と声高に宣言するのだった。トランプ氏のヅラ疑惑について、デーブ・スペクター氏はこう証言する。

「トランプ氏の髪形はたびたび話題になりますが、カツラではありません。テレビ番組で専門家が検証して、髪の毛が残っている後頭部と、横の部分から移植していると判断していました」

 共和党の候補者争いでは、トランプ氏の妻・メラニア氏(46)も話題になった。ライバル候補のテッド・クルーズ氏(45)を支援する団体が、16年前に米ファッション誌に掲載されたメラニア氏のヌード写真をフェイスブックに公開。

〈こちらがメラニア・トランプ、次期ファーストレディです。お気に召さなかったら、次の火曜日(3月29日)はテッド・クルーズを応援しましょう〉

 というメッセージとともに、全裸姿で寝転び、深い谷間があらわになったセクシー写真を掲載した。

 これに激怒したトランプ氏にとって、メラニア氏は3人目の妻だった。結婚生活12年目を迎え、ようやく私生活は落ち着いたようだが、それまではモデルや歌手、女優やスポーツ選手などと浮き名を流してきた。そんな中、口説き落とせなかった美女がいたという。

「故ダイアナ元妃(享年36)が離婚したあと、米国に住んでいた時期がありました。それを知ったトランプ氏は大量のブーケを贈って交際を申し込んでいたのですが、全然相手にされなかったそうです」(前出・デーブ氏)

 ビッグカップル誕生は、あえなく幻に消えてしまったようだ。

 派手な言動ばかり目立つトランプ氏だが、こんな素顔も持っていると、デーブ氏は言う。

「13年の秋、バスの運転手が乗客を乗せて運行中、橋から飛び降り自殺をしようとしていた女性を見つけました。運転手はバスを止めて、警察が来るまで女性のそばに寄り添い、乗客からも拍手が湧き起こったんです。そのニュースを聞いたトランプ氏は感激して、運転手に1万ドルを寄付しました。実は、人情派な一面もあるのです」

 とはいえ、日本との関係を考えれば一筋縄ではいかず、“冷戦”が待っていそうだ。

 5月29日、首都ワシントンで退役軍人らが集まったイベントの演説で、「暴言王」は日本に駐留する米軍の費用負担について、こう持論を展開した。

「今後も日本を守っていければいいと思う。しかし、いつでも立ち去れるよう用意もしなくてはならない。日本は費用の50%しか払っていない。なぜ100%払わないのだ!」

 米軍の軍事力に頼りきった、日米安全保障条約の「不公平」さがお気に召さず、全額負担を求めているのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!