芸能

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(3)週刊アサヒ芸能に激白した編・風吹ジュンが松田優作を相手に…

20160623i

 あの日、生涯でワン・アンド・オンリーの濡れ場を決めたのはいかなる心境だったのか。撮影は、どう展開したのか──。週刊アサヒ芸能が女優たちに直接ぶつけ、返ってきた言葉を厳選してプレイバックする。

 風吹ジュン(64)が79年に出演した「蘇える金狼」(角川映画)は、大変な評判となった。74年にアイドルでデビューし、移籍スキャンダルにも巻き込まれたが、本作では松田優作を相手にド迫力のベッドシーンを展開。

 まだAVなどない時代だったが、バックから何度も挿入され、日本初の「駅弁ファック」まで披露するハードさだったのだ。

 公開から10年後、風吹は週刊アサヒ芸能にあっけらかんと語っている。

〈あれは演技というより、そのままの自分を出したという感じですね。裸になって私がそこにいればいいということで、エイッと脱いじゃったんです〉

 美人女優で知られる神保美喜(56)は、歌手デビューした76年に出演した「妖婆」(大映)で16歳のヌードを見せている。新人アイドルでありながらのヌードは考えられないことだった。

〈サンミュージックとしても、新人をそういう映画に出したのは初めてのことでしたね。私は今井正監督から指名を受け、しかも、京マチ子さんと共演できる。腰巻き1枚で木に吊るされるシーンも、ためらわずにやれました〉

 今夏の参院選出馬が発表された石井苗子(62)は、年下の大学生を誘惑する「離婚ゲーム 僕のベッドはトライアングル」(92年)で妖艶なカラミを見せた。乳首もはっきりと映る濡れ場だったが、石井は堂々とした答えをくれた。

〈ヌードは全然、平気。周りがガサガサしている中で、パッとやるんだからノープロブレム〉

 当選を決めれば、さらにお宝映像となりそうだ。

 初主演で初ヌード、そして同年度の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いたのは、小柳ルミ子(63)の「白蛇抄」(83年、東映)である。歌謡大賞も獲得したほどの歌謡界の大スターの妖艶な濡れ場は、波紋を呼んだ。

〈渡辺プロ・渡辺晋社長の死期を早めたと言われましたね。歌手でありながら、何であそこまでやる必要があるの? そんな声も聞こえました。でも正直、当時はどんな曲を出しても売れない。ここで小石を投げて、波紋を広げることも必要だなと思いました〉

 映画の公開直後、みごとに「お久しぶりね」も大ヒットしている。

 宝塚出身の宮本真希(38)は、デビュー作の「おもちゃ」(99年、東映)で主演ヌードを飾った。

〈深作欣二監督に『僕の映画で前バリを使った人は1人もいない』と言われました。私も何もつけない状態で臨みました〉

 22歳のまばゆいヌードがスクリーンに輝いた。

 80年代アイドルの大西結花(47)は、95年の「眠れる美女」(ユーロスペース)で初ヌードを見せた。オファーを1年断った末の了承であった。

〈中途半端にはやりたくないと思ったんですよ。迷いながらやって『カット、もう1回』と言われるのはイヤだから、そこにカメラがあることも忘れるくらい、1回勝負だと思って演じましたから〉

 そう、1回勝負の緊迫感がすべての女優に共通していたのだ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!