スポーツ

巨人・高橋由伸監督の「コーチ丸投げ」采配に大ブーイング!(3)メジャー志向が強まる菅野

20160630y2nd

 菅野の心から“G離れ”が加速している理由は、もう一つあった。

 伯父の原前監督が指揮官の座から昨季限りで退任。12年のドラフトで1位指名され、巨人入団を果たした菅野にとって血縁関係も深い伯父・原前監督はチームの中でこれ以上ない礎であり、唯一無二の存在だった。しかし、その原前監督が昨季限りでチームを去り、現在、菅野にとって巨人は居心地がいい場所ではなくなっているようだ。その背景には、巨人入りに執念を燃やした祖父で、母校・東海大野球部総監督だった原貢氏が、すでに一昨年に亡くなっているという事実も無視できない。

 そもそもメジャーリーグ志向が強かった菅野にとって、巨人に対するしがらみがなくなったのである。

「菅野はメジャーに強い興味を抱いていますよ。それだけに昨年秋のプレミア12では、侍ジャパンに初選出されながらも結果が出せなかっただけでなく、他球団主力投手の力にもカルチャーショックを覚えた。今季のテーマを『圧倒』としたのも、来年春のWBCでの活躍を誓っているのも、その視線の先にメジャー移籍を思い描いているからです。菅野の海外FA権取得は早くても21年のシーズン中ですが、ポスティング・システムでの移籍が視野に入ってきた」(菅野に近い関係者)

 とはいえ、巨人はこれまでポスティング・システムによる移籍を認めた例がない。桑田真澄氏(48)や上原浩治(41)=現レッドソックス=も御多分に漏れず、海外FA権取得前の直訴は実らなかった。

「それはあくまでもナベツネさん体制下での話ですからね。すでに3月、野球賭博問題で最高顧問から引責辞任していたナベツネさんは6月1日付で本社の会長職からも退き、より球団とは距離を置くようになった。菅野が新体制に変わった読売本社および球団に強い決意でメジャー移籍を直談判すれば、根負けするかもしれない土壌ができてきたんです。菅野はXデーに備えてモチベーションを高め、球団への忠誠とは別の理由で連日好投を続けている」(前出・菅野に近い関係者)

 高橋監督の「無能疑惑」に加え、絶対エース・菅野の「メジャー流出危機」──。皮肉にも今季のジャイアンツは、チームスローガンの「一新」をあらためて迫られるような雲行きとなってきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白