スポーツ

巨人・高橋由伸監督の「コーチ丸投げ」采配に大ブーイング!(3)メジャー志向が強まる菅野

20160630y2nd

 菅野の心から“G離れ”が加速している理由は、もう一つあった。

 伯父の原前監督が指揮官の座から昨季限りで退任。12年のドラフトで1位指名され、巨人入団を果たした菅野にとって血縁関係も深い伯父・原前監督はチームの中でこれ以上ない礎であり、唯一無二の存在だった。しかし、その原前監督が昨季限りでチームを去り、現在、菅野にとって巨人は居心地がいい場所ではなくなっているようだ。その背景には、巨人入りに執念を燃やした祖父で、母校・東海大野球部総監督だった原貢氏が、すでに一昨年に亡くなっているという事実も無視できない。

 そもそもメジャーリーグ志向が強かった菅野にとって、巨人に対するしがらみがなくなったのである。

「菅野はメジャーに強い興味を抱いていますよ。それだけに昨年秋のプレミア12では、侍ジャパンに初選出されながらも結果が出せなかっただけでなく、他球団主力投手の力にもカルチャーショックを覚えた。今季のテーマを『圧倒』としたのも、来年春のWBCでの活躍を誓っているのも、その視線の先にメジャー移籍を思い描いているからです。菅野の海外FA権取得は早くても21年のシーズン中ですが、ポスティング・システムでの移籍が視野に入ってきた」(菅野に近い関係者)

 とはいえ、巨人はこれまでポスティング・システムによる移籍を認めた例がない。桑田真澄氏(48)や上原浩治(41)=現レッドソックス=も御多分に漏れず、海外FA権取得前の直訴は実らなかった。

「それはあくまでもナベツネさん体制下での話ですからね。すでに3月、野球賭博問題で最高顧問から引責辞任していたナベツネさんは6月1日付で本社の会長職からも退き、より球団とは距離を置くようになった。菅野が新体制に変わった読売本社および球団に強い決意でメジャー移籍を直談判すれば、根負けするかもしれない土壌ができてきたんです。菅野はXデーに備えてモチベーションを高め、球団への忠誠とは別の理由で連日好投を続けている」(前出・菅野に近い関係者)

 高橋監督の「無能疑惑」に加え、絶対エース・菅野の「メジャー流出危機」──。皮肉にも今季のジャイアンツは、チームスローガンの「一新」をあらためて迫られるような雲行きとなってきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!