芸能

桑田佳祐が巻き添えに!桐谷健太、「Mステ」のスベリっぷりが放送事故レベル

20160629kiritani

 6月24日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、視聴者がおもわず凍りついてしまう前代未聞の茶番が放送された。

 その放送事故とも取れるパフォーマンスを見せたのがTOKIO長瀬智也、桐谷健太、清野菜名、神木隆之介の4名で構成された地獄のロックバンド・地獄図(ヘルズ)だ。

 同バンドは25日に公開された長瀬と神木のW主演映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」に登場する架空のバンドで、神木以外の3人は鬼の特殊メイクが施されたインパクト抜群のビジュアルで出演したのだが、そのステージもいろいろな意味で圧巻だった。

 映画主題歌の「TOO YOUNG TO DIE!」を披露したのだが、途中で演奏がストップ。長瀬が「おい、桑田! お前も地獄図のメンバーにならないか?」と叫び、同日の出演者であった桑田佳祐に絡むという予期せぬ展開に。

 その後、その絡みはエスカレート。桐谷がわざわざステージを降り、他の出演者らと座ってステージを観ていた桑田の元に歩み寄り、桑田のモノマネを交えて、バンドへの加入を打診。これに桑田は「誠にありがたきお誘い‥‥しかし、私、貴族ゆえご辞退させていただきます」と、貴族になりきったような口調で断り、持っていた扇子で桐谷を攻撃。最終的には、なぜか桐谷が「ボクをサザン(サザンオールスターズ)のメンバーに入れてください」と逆に懇願、桑田がそれをあっさり快諾。何事もなかったかのように演奏が再開し、パフォーマンスを終えた。

 生歌の途中で長めの寸劇を挟むという異例の構成で、ある意味で豪華なパフォーマンスだったわけだが、視聴者の多くが感じたのは「これでもかというぐらいの見事なスベリっぷり」だったという。

 もはや放送事故とも呼ぶべきレベルだっただけに、ネット上も即座にざわつき始め、「『Mステ』でここまでスベったパフォーマンスってあったか?」「巻き込まれた桑田が可哀想。」「桑田は訴えたほうがいい」「家族で見てたけど、みんなポカーンとしてたわ」といった書き込みが次々とあがった。

「かつてサザンで似たような過激パフォーマンスをしていた桑田も驚いたでしょうが、あの素人っぽさは見ていてちょっと拷問レベル。事前に大先輩の桑田に指導を仰ぐべきでしたね笑」(エンタメ誌ライター)

 しかし、そんな突然の出来事も功を奏したのか、映画は動員ランキング1位を獲得。大ヒットの兆しを見せているが、映画自体の評価も賛否は真っ二つのようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手