芸能

メンタリストDaiGo、TBSのねつ造騒動に関する幼稚なツイートで好感度が急落

20160712mentalist

 6月19日放送の「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」(TBS系)内で、事前に了解もなく脱落者とされたうえ、自身がCGで消されたとして出演者の顔相鑑定士・池袋絵意知氏がブログで悲痛な思いを綴った。

 番組はその道のプロたちが集まり、専門分野についてクイズ形式で答えていくバラエティー番組。池袋氏が出演したのは登場する双子が入れ替わっているかを見極める「双子見極めダービー」というコーナーで、池袋氏が最終問題まで回答したのにも関わらず、オンエア上では「脱落」したことにされ、最終的に番組ではメンタリストのDaiGoが優勝を飾った。

「顔相鑑定」を生業にしている池袋氏にとっては、この編集は完全に営業妨害。抗議を受けて7月6日、TBSは番組ホームページ上で「行き過ぎた編集だった」と謝罪文を掲載し、事態は一件落着したかに見えた。しかし、この件で好感度を著しく下げた人物がいたという。

「イケメンパフォーマー、メンタリストのDaiGoです。池袋氏が自身のブログで、“もともとDaiGoに勝たせるための番組”だったことを暴露したため、DaiGoも『自分の能力不足』『負けは潔く認めよう』などと、ツイッターで応戦していました。これを発見したネット民からは『DaiGoは性格が悪い』と批判が出ています。彼は現在、テレビ出演を減らし企業向けのセミナーや本の出版、アパレル会社とのコラボ商品企画など幅広く活動していますが、今回の件が露呈したことで、依頼はグッと減るかもしれません」(テレビ局関係者)

 あまりに幼稚な呟きを発信してしまったDaiGo。池袋氏のメンタルは操れなかったようだ。

(佐藤ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…