社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「寝起き直後は危険な“朝風呂”。起床後1時間は安静にすべし」

20160721m

 夏になると汗をかく機会が多くなります。特に熱帯夜など大量の汗をかいた朝には「すっきりリフレッシュしたい」と朝風呂に入る人も少なくないでしょう。

 さて、ここで質問です。熱い風呂に入る場合、起床後と就寝前のどちらが健康的でしょうか。

 以前の連載で「早朝ランニングは体に悪い」と述べましたが、その理由は寝起き直後の急激な血圧上昇と密接な関係があります。

 朝起きて「今日も頑張るぞ!」と気合いが入ると、興奮時に活発になる交感神経が優位に働きます。すると頭もシャキッと冴え渡り、仕事や勉強など集中力も高まります。しかし、その一方で、朝の時間帯の血圧は1日で最も高くなる傾向があります。

 脳梗塞や心筋梗塞などの発症が、時間帯としては早朝の午前5時~10時に多く見られるのも無関係ではありません。起床後すぐにランニングや運動をすることで、血圧が上昇。体に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。

 つまり、寝起き直後はリスキーな時間帯であり、少なくとも起きてから1時間はゆったりと過ごす習慣を守ることで、緩やかな血圧の上昇となり、急な病気の発症を防ぎます。寝ぼけた脳が目覚める段階では、運動や入浴など汗をかく行動は避けたほうが無難、と覚えておきましょう。

 一方、仕事を終えてリラックスすると睡眠に備え、今度は副交感神経が優位になり、血圧もゆっくりと下がっていきます。夜の入浴は、心身のリラックス効果を促進します。精神的にはストレス解消、肉体的には筋肉の疲労を癒やしてくれることで、いい眠りにつながります。つまり入浴のタイミングは、朝よりも夜に入るほうが理にかなっているのです。

 温泉旅行に出かけた際に、起きてすぐに入る朝風呂を楽しみにする方は多いかもしれませんが、高齢者や高血圧の人にはおすすめできません。時間に余裕を持って、「温泉に何度も入らないと元が取れない」といった考えは改めたほうがいいでしょう。

 また、サウナで水風呂と交互に入る猛者も見受けられますが、心臓が丈夫な若者にとっては「自律神経のトレーニング」になりますが、中高年は避けたほうが無難です。脳梗塞を患った長嶋茂雄さんや西城秀樹さんもサウナ好きだったそうですが、寒中水泳や水風呂は、少なくとも還暦を過ぎたら避けるべきです

 日本高血圧学会のガイドラインによると、血圧の上(最高血圧)と下(最低血圧)は次のとおり、5段階に分けられています。

・正常値 上が130~139かつ下が85~89

・正常高値血圧(高血圧の一歩手前) 上が130~139または下が85~89

・軽度高血圧 上が140~159または下が90~99

・中度高血圧 上が160~179または下が100~109

・重度高血圧 上が180以上または下が110以上

 血圧測定を日課にしている人はわかると思いますが、血圧は日によって変化しやすく、緊張時や運動後は高くなる傾向にあります。深呼吸をしてリラックスした状態で、数回測った際の平均値が「正しい数値」となります。血圧を知ることで自分の健康状態を知ることができるので、ぜひ、ふだんの生活にも血圧測定を取り入れてみてください。

 低血圧は目覚めが悪い、と言われますが、血圧はできるだけ低いほうがいいのです。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
2
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…