芸能

黒柳徹子 激太り、ロレツ回らず、歩行困難…「撮影禁止」が通達された厳戒イベント

20160811f

 長野県北安曇郡松川村に「トットちゃん広場」が完成し、7月23日に黒柳徹子(82)がその竣工式と名誉村民賞授与のために訪れた。ところが登場した彼女の姿を見た村民からは驚きの声が上がったのである。

「まるで肉襦袢を着ているようだ‥‥」

 集まった報道陣からそんなつぶやきが出ると同時に、村民たちも皆、目を丸くする──。

「トットちゃん広場」は、大ベストセラーとなった黒柳の自伝的小説「窓ぎわのトットちゃん」に登場する「電車の教室」を再現したもの。それが安曇野の地、安曇野ちひろ公園内にオープンしたのだった。地元記者が語る。

「おめでたい日だというのに、関係者は朝から超ピリピリムード。黒柳が子供時代に学んだトモエ学園の『電車の教室』で、座ったままでの撮影となったんですが、公園内での撮影が許可されたのはそこだけでした。歩く姿をカメラマンが撮影しようとするとスタッフがすっ飛んできて、『写真撮影はやめてください!』と叫ぶものものしさでした。とはいえ、体重が膝にきているのか、1人では足元もおぼつかない様子で、終始、スタッフにつかまりながら歩いていましたが。とにかく下半身の膨らみ、激太りがすごく、村民からは『あれ? マツコ・デラックスが来たのかと思った』という声も出ていました。テレビで見るのとはあまりにかけ離れている姿に、驚くのも無理はありません」

 座った状態ではわかりづらい「激太り」「弱々しい姿」が、立ち上がるとはっきり確認できるのだという。

 結局、電車の教室内での子供たちとの記念撮影、松川村名誉村民の授与式、村長との会談、記者会見など、記念式典は全て着席したまま。

「60代でやったという総入れ歯がかみ合っていないのかどうかは知りませんが、しばしロレツが回らないシーンもありました」(前出・地元記者)

 最近は滑舌の悪さとともに、会話に以前のようなキレがなくなったとの指摘もある。レギュラー番組でも、

「視聴者から、徹子さんが何を言っているのか聞き取りにくい、といった問い合わせがあります」(「徹子の部屋」関係者)

 さらに記者会見では、主催者サイドが事前にマスコミ各社からの質問事項をチェックする気の遣いよう。まさに「厳戒イベント」だったのである。

 黒柳は12年に足の腱を痛め、数カ月後にはタクシー乗車中に追突事故に巻き込まれた。

「幸い、ケガをするまでには至らなかったようですが、自身で愛車のプリウスを運転することもできなくなり、しばらくは車椅子生活を余儀なくされたようです」(ワイドショースタッフ)

 そのため、前出・「徹子の部屋」関係者によれば、

「一時は本番中以外はずっと車椅子に乗ったままで、楽屋からスタジオへの移動も全て付き人が車椅子を押して、という感じでした」

 高齢者の場合、骨折を経て寝たきりになるケースもあるが、前出・ワイドショースタッフが言うには、

「黒柳もそれを気にして、日頃から故ジャイアント馬場さん直伝のスクワットを日課にしていたんですが、足を痛めてしまい、それもできなくなってしまった」

 そして「下半身激太り」について、こう続ける。

「酒を一滴も飲まない代わり、肉好きは相変わらずで、今でも週に数回は焼き肉店を訪れていると聞きますからね。あるいは、体を動かせないストレスが食欲に火をつけたのかも」

 さらに7月には永六輔、大橋巨泉と、黒柳にとって悲しい別れが相次いだ。

「特に、永さんとは『2人で長生きして、同じタイミングで逝きたいね』と話すほど仲がよかった。悲しみが深いことは間違いありません」(ベテラン芸能記者)

 名誉村民賞授与式後の記者会見でも、

「(そのことについては)もういろいろお話ししたし、今日は、おめでたい席なので話したくありません」

 と言って、涙をためていた黒柳。盟友たちとの別れで心のバランスを崩したことも、「マツコ化」の要因なのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
太川陽介がAmiに怒りをあらわにした瞬間!バス旅で見せた“激情素顔”