スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(1)履正社が見据えるトリプルスリー山田哲人超え

20160809yamada

 昨年、日本プロ野球史上9人目のトリプルスリーを達成し、今季は史上8人目の三冠王も射程圏内にある山田哲人(現・ヤクルト)。今や日本を代表する強打者へと成長したが、履正社(大阪)の2年生だった09年秋の段階では、山田はプロ野球のスカウトもほぼノーマークに近い存在だった。

 当時、関西球界で名が轟いていた野手は同じ大阪の強豪・PL学園の吉川大幾(現・巨人)、勧野甲輝(元楽天)、智弁和歌山の西川遥輝(現・日本ハム)など。だが、山田はひと冬越えて急激に成長。結果、みごとにドラフト1位を勝ち取るまでになったのである。

 その打棒が全国の野球ファンに知れ渡ったのは2010年、3年生の最後の夏。3番ショートに定着した山田は大阪府予選8試合で13打点をマーク。母校に13年ぶりの夏の甲子園出場をもたらす原動力となったのだ。

 そして、甲子園の初戦となった天理(奈良)戦で、山田はのちのトリプルスリー誕生を予感させる活躍をやってのける。

 2-0とリードした5回裏、2死一、三塁だった。三塁ランナーだった山田は一塁ランナーが天理の左腕・沼田優大の牽制球で挟まれているスキをついてホームスチールを決めたのだ。打っても3打数2安打1四球。放った2本のヒットはいずれも火を噴くようなライナー性の当たり。試合も4-1で快勝し、履正社の夏の選手権初勝利の立役者の一人となったのである。

 続く聖光学院(福島)戦でも山田のバットから快音が響き渡る。3打数2安打1四球2打点。中でも0-2と劣勢だった6回表には「狙って打った」という、相手投手の歳内宏明(現・阪神)のストレートを豪快に振り抜くと、打球は大きな放物線を描いて左翼席へ。一度は試合を振り出しに戻す同点2ランを放ったのだ。試合は8回裏に3点を奪われ、2-5で惜敗したものの、この甲子園での活躍がドラフト1位指名を引き寄せたといってもいいだろう。

 今夏、山田の母校・履正社はこの2010年以来の夏の甲子園出場を果たした。しかも、高校生NO1左腕との呼び声高い寺島成輝を擁しての堂々の優勝候補。トリプルスリー山田さえなし得なかった全国制覇がなるか。注目が集まっている。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?
5
有吉弘行もウンナンに頭が上がらない?「電波少年」誕生の奇跡過ぎる経緯