スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(12)明豊・今宮健太が叶わなかった「打倒・菊池雄星」

20160816imamiya

 今や福岡ソフトバンク不動のショートとしてチームを牽引する今宮健太。その今宮は明豊(大分)時代は1番・エース、もしくは3番・サード兼ショート兼リリーフ投手をこなすマルチプレーヤーだった。甲子園には08年春、そして09年春夏と3季出場を果たしているが、ここで宿命のライバルとも言える存在と出会っている。それが花巻東(岩手)の剛腕サウスポー・菊池雄星(現・西武)である。

 最初の対決は09年春選抜の2回戦。好勝負が期待されたが、打者・今宮は4打数1安打2三振。投手・今宮もピンチの場面でリリーフするも、先制の2点タイムリーを許すなど、0-4の完敗を喫してしまう。

 その夏、菊池へのリベンジに燃える明豊は県大会を圧勝し、甲子園に帰ってきた。興南(沖縄)と西条(愛媛)を撃破。迎えた3回戦の相手は最速146キロを誇るプロ注目の本格派右腕・庄司隼人(現・広島)擁する常葉橘(静岡)。この強敵相手に今宮は投げて打って、獅子奮迅の活躍を見せることになる。

 この試合、今宮はショートで先発するも、2-4とリードされた3回途中からリリーフ登板。以後、10回までの7回2/3イニングを被安打5、奪三振7、失点2、自責点2。打っては庄司から3安打3四球で全打席出塁。中でも5-6とリードされた9回表無死三塁の場面ではライト前へ値千金の同点タイムリーを放っている。延長12回に2点を勝ち越した明豊が勝利し、ベスト8進出を果たしたのである。

 迎えた準々決勝。ついに宿敵・花巻東と激突することに。だが、この試合で先発マウンドに上がった今宮は4回途中までで4失点。打線も菊池の前に完璧に抑えられてしまう。ところが、5回裏の明豊の攻撃時のこと。菊池が背中の痛みを訴え緊急降板。ここから明豊の反撃が始まり、8回裏には先頭打者今宮の二塁打をきっかけについに逆転に成功。それでも粘る花巻東に9回同点に追いつかれ、延長10回表に決勝点を許してしまう。今宮は9回に追いつかれた直後に再びマウンドに上り、この場面は2者連続三振でピンチを断ったが延長10回、ついに力尽きたのだった。

 実は花巻東に惜敗したこの試合で投手・今宮はある記録を打ち立てている。それが夏の選手権史上3位タイとなる最速154キロマークである。肩が抜群に強いことの証明とも言えるが、プロ入り後の今宮の守備を見ていると納得がいく。その肩とセンス、そして打力を生かした野手転向は大正解だったのだ。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
R-1ぐらんぷりで大惨敗も「あの女芸人」が「ブレイク間近」と囁かれるワケ
4
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上
5
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩