スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(12)春に大谷翔平に打たれた藤浪晋太郎が見せた夏の進化

20160818fujinami

 12年のドラフト1位で阪神に入団した藤浪晋太郎。昨シーズンまでの3年間で35勝を挙げるなど、着実に阪神のエースへの階段を駆け上がっている。その藤浪は12年に大阪桐蔭のエースとして春夏連覇を達成し、甲子園を席巻。全国の野球ファンに衝撃を与えた。

 最大の武器は最速153キロを誇るストレート。春の選抜では1回戦で大谷翔平(現・日本ハム)擁する花巻東(岩手)と対戦。藤浪は大谷に一発を含む計8安打を許しながらも、12奪三振、2失点の完投勝利を収めている。

 最も打たれたのが、決勝戦の光星学院(現・八戸学院光星)戦。12安打を許したが、要所を締め3失点完投で優勝投手に輝いた。この春はリリーフ登板の1試合を除き、残りの4試合で完投。結果、5試合で40回を投げ、被安打39、奪三振41、与四死球11、失点10、自責点7、防御率1.58という成績だった。そしてここから春夏連覇がかかった夏の選手権で藤浪の投球はさらなる進化を遂げることになる。

 この夏、藤浪は全4試合に登板。初戦の木更津総合(千葉)戦では被安打6の2失点。しかも公式戦自己最多タイの14奪三振と上々の出だしであった。準々決勝の天理(奈良)戦では被安打4の13奪三振で1失点完投。準決勝の明徳義塾(高知)戦はなんと被安打2の8奪三振で甲子園初完封劇を達成。さらに決勝戦でも春のリベンジに燃える光星学院を完全に手玉に取る。被安打&与四死球ともわずかに2。夏の決勝戦史上最速となる153キロを記録すると同時に最多タイとなる14奪三振で完封勝利。まさに完勝であった。

 この夏の藤浪は4試合に先発し、36回を投げて被安打はわずか14、49奪三振。与四死球9、失点3、自責点2、防御率0.50と抜群の安定感を誇った。

 また、登板した試合すべてで失点していた春に対し、夏は徐々に調子を上げて勝負どころの最後の2試合を完封。着実に進化したところを数字でも示してみせた。昨シーズンは221奪三振でセ・リーグ最多奪三振のタイトルを獲得した藤浪。今なおその進化を続けている。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ