芸能

SMAP解散の最深層 ジャニーズ新女帝「陰謀の冷徹手腕」(1)SMAPの母vs新旧女帝

20160901n1st

 25年間、ジャニーズ事務所の金看板を張った国民的アイドルグループSMAPが、解散を発表した。今年1月から続く騒動がついに現実のものとなったが、原因はメンバー間の確執だけではない。その最深層には帝国に君臨する“新女帝”の「陰謀」と冷徹な手腕が存在したのだ!

 NHK紅白歌合戦のリハーサル中のこと。ステージ裏のモニターで、嵐の立ち位置をチェックしている女性がいた。時に眉をひそめ、画面を指でチェックする。高級ブランド服で身を固め、網タイツにピンヒール。周囲のNHKスタッフもピリピリしていたことから、目撃者は「あまりの尊大な態度に局のお偉いさんかと思った」という。

 女性が片手に持った携帯電話は、ギラギラした人工石で「Jully」と飾りつけてあった。この人物こそ、ジャニーズ事務所の新女帝・藤島ジュリー景子氏(50)その人である。母は事務所の「女帝」、副社長の藤島メリー泰子氏(89)だ。

 ──8月14日、SMAPが今年の12月31日をもって解散することが発表された。そしてその背景には、ジュリー新女帝が巡らせた陰謀と冷徹な手腕があったというのだ。

 そもそも、SMAPの解散危機が報じられたのが今年1月。引き金となったのはグループの育ての親で元マネージャー・I女史と、メリー、ジュリーとの派閥抗争だった。「SMAP解散騒動の全内幕」(宝島社刊)の著者・常田裕氏が解説する。

「I女史はジュリー氏の座を脅かす唯一の存在でした。それでメリー氏が『将来的にIがジュリーを抑えて、会社の実権を握られるかもしれない』という被害妄想を抱いて暴走した。15年1月29日号の週刊文春『ジャニーズ女帝怒りの独白5時間』のインタビュー中には、メリー氏がI女史を呼びつけて記者の前で面罵するなどのパワハラも行われた」

 I女史はメンバー全員を引き連れて事務所移籍を画策。ところが木村拓哉(43)が賛成せず、クーデターは失敗に終わり、I女史は「追放」のような形で退社する。メンバーは冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で騒動を謝罪、解散を否定する「公開処刑」でケジメをつけた。

 しかしその後、5人そろって番組や公の場に姿を見せることはほぼなく、ファンの間で存続は常に危ぶまれ続けていた。そんな5月5日、事務所社長のジャニー喜多川氏(84)が、

「僕は命をかけても(守る)。SMAPは我が子と同じですから。僕に相談なしで(解散することは)絶対ない。解散なんて冗談じゃない」

 と公言。危機は収まったとされた。しかし実際には解散騒動以降、グループ内の不和はどんどん大きくなり、特に木村と、I女史を「母」と慕っていた香取慎吾(39)のきしんだ関係は修復不可能なくらい悪かった。香取が、

「(木村と)一緒の現場で仕事するのも無理」

 とまで言うほどで、中居正広(44)が香取を説得するなどして、解散という最悪の結末を避け続けていたという。神様・ジャニー氏の解散否定宣言こそ、危機の表れだったのだ。ある番組制作関係者が証言する。

「ジャニーさんの説得もあり、何とか『活動休止』の形を全員が呑んで、話はまとまりかけていた。ですが裏側でジュリーがある動きをした。それを知った香取らが激怒し、一気に解散へと動いたのです」

 はたしてジュリー氏とはいかなる人物なのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!