エンタメ

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(4)画期的だった描写方法

20160901e4th

 さて、「世界初の漫画的表現」と呼ばれるのは、平安時代末期の12世紀に描かれた絵巻物「鳥獣人物戯画」だ。この作品では、ジャンプする猿や、坂を滑り落ちるウサギの体に斜線を入れて動きを表現している。単純な描写法だが、これを初めて描いた人は得意絶頂となったことだろう。こうした漫画表現の原点は、現代に受け継がれる。

 昭和40年代、一時はライバル誌の「少年サンデー」に大きく水をあけられていた「少年マガジン」が猛追を開始した原動力のひとつが「巨人の星」という野球漫画だった。この作品中で主人公の星飛雄馬がライバル花形満を打席に迎えたところで、その瞳に炎が燃え上がるシーンが描かれた。瞳に炎を描いた最初の作品である。今では当たり前の表現法だが、当時としては衝撃的だった。それから1、2年後に「男一匹ガキ大将」で瞳の中に流線を入れて荒々しさを表現した時も、私は漫画編集者としてショックを受けたものだった。

 昭和50年代に入り、夕刊紙「日刊ゲンダイ」に全1ページを使った成人漫画連載「やる気まんまん」が始まった際も、その表現法が話題になった。駅売りの新聞だから、成人指定はできない。中高生が買うこともある。セックス描写をどのようにしたらいいのか──。

 作者の横山まさみちは男性器をオットセイに、女性器を貝(多くは二枚貝)に描くことで、より強烈で雰囲気をあらわに表現することに成功したのだ。

 私が大学で漫画授業の実技指導中に、思いつきで学生に課題を出したことがある。「病院の地下室で遺体の死化粧をやっていた男遺体の声を聞く」といった内容の小咄を聞かせ、こう言った。

「この話のどこかを1コマ、または数コマの漫画に描きなさい。条件として、これまで誰も描いたことのない、世界初の新たな表現法を使うこと」

 突然の難問に学生は苦労するだろうと思っていたら、十数分足らずで1人の女子学生が鉛筆線の絵を持ってきた。「蘇った遺体」の比喩として「丸めて捨てられた画稿が命を持って動き出す」という雰囲気を、稚拙ではあるが明らかに世界初の表現法で描いている。その作品に感動していたら、後ろに学生の列ができている。ふきだしのネームを生き物のように描いた男子学生もいた。60分の授業終了までに、クラスのほとんどが、世界初の表現法を提出したのだ。日本漫画の底辺は、まだ元気いっぱいな証拠である。

(次回からは、大物漫画家たちのウラ話を中心に、日本漫画の源流に迫ります)

志波秀宇(しば・ひでたか)<漫画 研究家>:昭和20年東京生まれ。早大政経学部卒。元小学館コミックス編集室室長。元名古屋造形大学客員教授。小学館入社後、コミック誌、学年誌などで水木しげる、手塚治虫、横山光輝、川崎のぼるなどを担当。先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…