芸能

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(3)悪役俳優の応募にその筋の人も来て‥‥

20160901h

テリー 八名さん自身、これまでの俳優人生を振り返ってみて、どう思われていますか。

八名 そうだな、「悪役専門になってよかった」とは思ってるよ。何せ、悪役には定年がないからね。

テリー なぜ「悪役」だったんですか?

八名 普通のサラリーマン役で1日300円もらっても、食っていけないからね。でも悪役は、早く出てボーンと撃たれて、ひっくり返れば次の仕事に行ける。

テリー そうか、その役が死んだら、もう次の現場へ行けるんですね。

八名 だから若頭ぐらいの役がいちばん大変。子分に指示ばかりして、なかなか死なないから。そういう意味では、親分役がいちばんいいよ。テーブルの上で「おい、酒持って来いや」とか言ってれば、1日か2日で撮れる。そこに健さんが入ってきてバサッと斬られたら、「はい、お疲れさん」で帰りゃいいんだから。

テリー 八名さんが悪役商会を作るきっかけは、何だったんですか?

八名 まず「悪役ばっかり集まったら、どういうもんができるかな?」っていう興味本位でね。先に東映京都に「ピラニア軍団」っていうのがありましたけど。

テリー 室田(日出男)さん、川谷(拓三)さんがメンバーでしたよね。

八名 そうそう、それと同じような感じで、「俺らは年だから、もうちょっと年配者を選ぼう」って、各映画会社から悪役をやってるヤツを集めてね。「おい、この集まりは何て名前をつけようか」って聞いたら「八名に任せる」と言うから、「じゃあ、悪役が集まったんだから『悪役商会』でええか」と。

テリー すごくいい名前ですよ、わかりやすくて。

八名 そのうちに若手の俳優もオーディションで来るようになって、年間20人ずつ採ってね、あっという間に120人ぐらいになったんだよ。

テリー すごい人気じゃないですか!

八名 でもダメだな、人数が多くても。「なぜ悪役がやりたいんだ?」って聞いたら、「はい、高倉健さんと共演したいんです」ってヤツばっかり(笑)。

テリー ハハハハ!

八名 さらに、しばらくしたら本職のヤクザがオーディションに来るようになってね(笑)。「ムショから出て半年ぐらいだから、悪のことなら何でも知っとります」って。

テリー イヤですね、その売り込み(笑)。そんなの、どうするんですか?

八名 もちろん断る。「こっちはニセ者だよ、勘違いするな」って。それからオーディションのしかたが変わりましたよ。手を見せてもらって指がそろっているか、あとは上着を脱がせて墨が入ってるかどうかを確認してね。時には、家庭的なコマーシャルにも出なきゃいかんのだから。

テリー そういえば八名さん、「キューサイの青汁」のCMに出ていましたね。あれはおもしろかったな。

八名 今も出てるよ。最初は「こいつは悪役にもいいな」ってセリフだったんだけど、本当にまずかったから(笑)、「正直に言ったほうがいい」ってこっちから提案して「マズイ! もう一杯」ってアドリブでやったんだけど、それで大いに売れたわけだ。

テリー 僕も今、青汁飲んでますよ。八名さんのCMのおかげです(笑)。

八名 あのCMに出てから、新幹線や飛行機に乗ってると「青汁が乗ってる、青汁が乗ってる」って言われてね。「バカ野郎、俺は青汁じゃない!」って思ったりもしたけど(笑)、まあ話題になってよかったよな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…