芸能

菊地亜美との日々は「地獄」だった!アイドリング!!!元メンバーが壮絶暴露

20160906kikuchi

 そこまで嫌われてたの!?

 昨年10月に解散したアイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、現在はタレントとして活動中の菊地亜美。彼女のアイドル時代の嫌われぶりが想像を絶していた。

 菊地は8月29日放送のバラエティ番組「7時にあいましょう」(TBS系)に出演。「女のイザコザ!今夜解決」と題された、長年の確執を持つ女性芸能人同士が直接対面してわだかまりを解消する企画が放送されたのだが、菊地はアイドリング!!!時代の元チームメイトで、現在はモデルとして活動中の大川藍と対面。

 大川はアイドリング!!!時代の菊地亜美について、「ずっと言われへんかったんですけど、正直、ホンマに苦手で…ホンマに怖かった…」と、当時を述懐。なんでも、菊地はいつ怒りのスイッチが入るかわからないつかみどころがないキャラだったため、常に菊地の機嫌を伺っていたのだという。大川は「本当に地獄やったんですよ」と本音をぶちまけていた。

 しかし、菊地はそれに対抗するように「私も、藍ちゃん苦手だった」「別に友達とも思ってなかったから。ライバルだと思ってた」と強気のコメント。

 さらに大川は、菊地が怖くてメディアなどで発言できない後輩たちがたくさんいたことも説明したのだが、当の菊地はこれに対しても、「それはおかしい。私がいることで(自分を)出せないようじゃ、芸能界やっていけないよね」と一蹴した。

 最終的には菊地が大川の現在の活躍ぶりを認め、2人は和解したものの、視聴者からの支持は圧倒的に大川寄り。「菊地はいかにも嫌われてそうだったけど、本当に嫌われてたとは」「人気ないヤツほど先輩風吹かすよな」「芸能界やっていけないって…お前が芸能界を語るなよ」といった、怒とうのネガティブコメントが連打された。

「菊地のグループ卒業について、大川は『メンバーのほとんどがホッとしていた』とも話していましたから、よほど近寄りづらいメンバーだったようですね。むしろそれだけ嫌われても気づいていなかった菊地の鈍感力に感嘆しましたよ」(エンタメ誌記者)

 現在は世間でも“嫌われキャラ”が浸透している菊地だが、どうやら演技ではなく、根っからの嫌われ者だったようだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人