芸能

即決でカブトムシを500匹寄付!哀川翔、子供たちを笑顔にした“男気”に称賛の声

20160906aikawa

 男気あふれる行動もカッコいいけど、少年っぽいところが最高とばかりに、芸能界イチの「ムシキング」哀川翔が地方商店街のお祭りを大いに盛り上げた。

 8月30日に放送されたバラエティ番組「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)で、哀川翔が見せた一連の行動に称賛の声が上がっている。

 番組では群馬県高崎市にある商店街のカブトムシを使ったお祭り開催に密着。商店街に作った林にカブトムシを放し、子供たちに虫捕り体験をしてもらうという、毎年恒例の子どもたちに大人気のイベントなのだという。

 そのため、商店街をあげてカブトムシの飼育を行っているというのだが、今年はカブトムシが順調に育たず、600匹を目標にしていたものの100匹ほどしか準備できなかったらしいのだ。

 お祭り当日、この経緯を5000匹ものカブトムシを飼育する哀川に番組スタッフが伝えると、哀川はカブトムシを500匹寄付することを即決。無事、哀川の男気行動のおかげでイベントは開催へ。子供たちからは笑顔があふれ、会場に足を運んだ哀川も終始ご満悦の表情だった。

 また、捕まえたカブトムシ同士を戦わせるという「虫プロレス」というイベントも行われたのだが、哀川は寄付する500匹とは別に持参してきた“世界最強のカブトムシ”とも称される、コーカサスオオカブトでエントリー。無論、並みのカブトムシでは太刀打ちできるわけもなく、哀川の圧勝。「全然相手にならないね!」と自慢げに高笑いする姿はまさに少年そのものだった。

 子供たちからは「卑怯だ!」と元気のいい野次が飛んだものの、最終的には対戦相手の少年にコーカサスまでプレゼントする器の大きさを見せ、視聴者からは「哀川さん、優しすぎ。大好きになった」「兄貴というよりは友達同士みたい」「マジで泣けてきたわ」と、おおいに好評を博したようだ。

「ある程度、事前に打ち合わせはあったでしょうが、哀川が本当にカブトムシと子供たちを好きだということが伝わりましたね。お祭りに参加した人も、テレビで観た人たちも大満足だったと思います」(テレビ誌記者)

 これぞ、まさに男前。子供たちにも哀川兄貴のような温かいハートの持ち主になってほしいものだ。

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから