芸能

こっちの「君の名」も凄い!蒼井優が新作で魅せた“一糸まとわぬ”トンデモ女ぶり

20160906aoi

 世間では映画「君の名は。」がモンスターヒットとなっているが、こちらの作品のヒロインの“名前”もなかなかだ。

「リンダ リンダ リンダ」(05)、「天然コケッコー」(07)、「マイ・バック・ページ」(11)など、派手なエンタメではないが、常に満足度と共感度の高い作品を監督し続けていることで定評のある山下敦弘監督の新作、オダギリジョー主演の映画「オーバー・フェンス」の評判がすこぶるいい。特に体当たり演技でヒロインを演じた蒼井優が「さすが」の名女優ぶりで魅せている。

「主人公は妻と子どもと離ればなれになり、生きる目標を見つけられないでいる中年男。ヒロインは名前を“聡(さとし)”といい、名前のせいで苦労したが、親はバカなだけだから責めないでほしいと自己紹介する夜の女。こんな、いつの間にか世間からはじき出されていた男女が惹かれあい、ぶつかり合い、紆余曲折を経て何かを見つけるというストーリーは、2012年度のアカデミー賞作品賞にもノミネートされた『世界にひとつのプレイブック』(デヴィッド・O・ラッセル監督)を想起させました。“プレイブック”で奔放だが本当の心は閉ざし、艶っぽいがじつは乙女の心を持つエキセントリックなヒロインをコミカルに演じ主演女優賞を獲得したのは、ハリウッドの若手ナンバーワン、ジェニファー・ローレンス。しかし、今回の蒼井優の“ぶっ飛び”ぶりはそのジェニファーと遜色ないどころか、むしろ蒼井のほうが上だと感じましたね」(エンタメ誌記者)

 コメディタッチだった「プレイブック」とは違い、「オーバー・フェンス」は都会の喧騒とは無縁の函館の職業訓練校を舞台にしたストレートな人間ドラマ。それだけに、透き通るような青い空と何もない地べたの間に挟まれた“負け犬”たちの葛藤と希望が痛いほど伝わってくる。中でも、蒼井のむき出しの心をぶつけてくる“怪演”が耳をつんざき、視界に土足で飛び込み、観るものを圧倒するはずだ。

「オダギリ演じる白岩と結ばれる直前、蒼井が一糸まとわぬ白い柔肌をさらしてある行動をとります。これが、まるで人気がなくなったときに鳥がする行為に似ている。この“鳥”というのがこの作品では重要なキーワード。鳥の求愛を真似るシーンが頻繁に登場します。決して絶世の美女ではない、誰とでも“やってしまう”むしろ面倒な女、そんなヒロインになぜ主人公は惹かれてしまうのか。ぜひご自分の目で確かめて、できればカップルで印象を語り合ってほしいですね」(前出・エンタメ誌記者)

 映画は9月17日(土)より全国公開だが、「君の名は。」とは一味違う、男と女のリアルかつファンタジックな出会いがここにはある。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き