芸能

始球式までしておいて…浅田舞「カープ女子」鞍替えに中日関係者はガッカリ?

20160918asada

 有吉弘行、アンガールズ、風見しんご、奥田民生など広島出身の著名人はもちろん、谷原章介(神奈川出身)や、チュートリアル・徳井義実(京都出身)など、熱狂的な広島ファンは芸能界に意外に多い。

 しかしその一方で、流行語にもなっている「カープ女子」に便乗するにわかファンも急増。その仕分けにファンもメディアも混乱している。

 そんななか、「マジかよ!」と総攻撃をくらっているのが、タレントの浅田舞だ。

「なんと浅田は9月11日放送のスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)に生出演し、ファンと公言しているカープの新井貴浩内野手からメッセージをもらい号泣。しかし、浅田は中日ドラゴンズのお膝元である愛知県名古屋市出身ということもあり、妹の真央とそろって中日ファンということで知られていましたし、ナゴヤドームでの始球式にも呼ばれている。それが、いつの間にカープファンになったのか、世の野球ファン全員の目がおもわず点になってしまったようです」(エンタメ誌記者)

 浅田のツイッターでは広島の連勝が続いた6月頃からカープ関連のツイートが目立っているため、そのあたりからカープ女子として認知されたようだが、複数メディアからは中日ファンとして紹介されていた浅田だけに、野球ファンからは「これって男を乗換えるのと同じパターンじゃん」「広島が弱くなったら今度はソフトバンクかな」「中日が弱いからしかたないけど、あえてカープ女子を名乗る必要があるの?」など、浅田の人間性にまで疑いの目が向けられている。

「贔屓の球団が連敗したら仕事も手につかないというような男性と違い、そこまでディープに1つの球団を応援し続ける野球好きの女性はまだまだ少ない。それでも、浅田の場合は13年に中日対楽天戦の始球式を務めたり、14年には中日の公式パフォーマンスチーム『チアドラゴンズ』に1日限定で加入、パフォーマンスを披露するなど関係性も深かっただけに、あえて広島への鞍替えを公にする必要はなかったと思います。中日の関係者はガッカリでしょう」(前出・エンタメ誌記者)

 スポーツ紙などに「優勝おめでとうコメント」をしていたカープ女子を名乗るタレントの中にも「球場なんか行ったこともない」「野球よりサッカーのほうが好き」など、実は野球に興味を持っていないタレントも多く含まれているのが実情。それなら野球にも詳しく、テレビで号泣できる浅田のほうがマシなのかもしれない?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト