芸能

“遅咲き美女”石原さとみ、「校閲ガール」主演までの地味にスゴかった芸能生活

20161005ishihara

 10月5日スタートのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)にて主役を務める石原さとみ。本作ではそのキャストに注目が集まっている。というのも、かつてキスを交わした俳優から、その共演者へと相手を乗り換えた形になっているというのだ。テレビ誌のライターが説明する。

「石原は2012年の舞台『ロミオ&ジュリエット』にてロミオ役の佐藤健と熱烈なキスを交わし、それをきっかけに交際に発展したと言われています。その舞台にロミオの友人役で出演していた菅田将暉が、今回のドラマには石原が一目ぼれする大学生の役で出演。物語的に仲が深まることは確実で、劇中ではキスシーンも期待できそうです」

 佐藤との交際も噂レベルにすぎず、スキャンダルらしいスキャンダルとは無縁だが、本作では果たしてどうなるだろうか。

 そんな石原は昨年の10月期に、月9ドラマの「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)に出演。同じフジテレビでは2006年の「Ns’あおい」にて初主演を務めていたが、月9の初主演は意外にも「5→9」が初めてだ。人気女優らしからぬ遅咲きぶりを見せる石原のキャリアについて、テレビ誌のライターが続ける。

「石原はデビュー翌年に連続テレビ小説『てるてる家族』でNHK初主演に抜擢されましたが、日テレでの連ドラ主演は今回の『校閲ガール』が初めて。つまり民放キー局の主役制覇は今年まで待たされていたのです。とはいえ舞台やCMでも広く活躍しているのはご存じのとおり。決して派手ではないものの、その存在感は芸能界のなかでもトップ級と言えるでしょう」

 そんな石原の15年間の芸能活動を10月4日発売の「アサ芸シークレットvol.42」がまるっと校閲。中学生での映画デビューから、世の男性を虜にするお酒のCMまで、最前線を走り続ける石原のキャリアにあらためて注目してみてはいかがだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング