スポーツ

天才テリー伊藤対談「衣笠祥雄」(2)阪神の金本監督は悔しがってるかも

20161006l

テリー 個々の選手についてはいかがですか? 何といっても、2年前に黒田(博樹)選手が戻ってきてから風向きは変わった気がするんですよね。まず、なぜメジャーを蹴ってまでして、黒田選手は広島に帰ってきたと思いますか。

衣笠 僕も黒田がユニホームを脱いだら、一度それを聞いてみたいなと思うんですが、本音はわかりません。まず、野球人生を終わらせる時は広島で、という願望が強かったのかもしれません。

テリー 記者会見でも、それらしき発言をされていましたよね。

衣笠 それに加えて、自分はまだ、広島のピッチャーたちにいい影響を与えられるだけのものを持っている。だからそれを持っている間に広島に帰って、それを伝えたい。それこそが、黒田が帰ってきたいちばん大きな理由じゃないかな、というのが僕の推測です。

テリー 確かに、野村(祐輔)選手も去年はダメでしたけど、今年はよく頑張りましたよね。

衣笠 そうですね、僕はその点も、やっぱり黒田の存在が大きかったと思います。昨年、いろんな角度から黒田という投手を見て、参考にして、教えてもらった。それが今シーズンのマウンドでずいぶん出ていると思うんですよ。

テリー 1人の選手を見るだけで、ピッチャーの成績って変わるものですか。

衣笠 フォームは2年前からよくなってましたけど、「何でこのボールは思うところへ行かないんだ」という内面のイライラが出てしまっていた。しかし黒田を見ることでメンタルをコントロールする方法を覚え、マウンドでの余分な動作が少しずつ削られていったと思いますね。

テリー そうなんですか。

衣笠 僕がセ・リーグで好きなピッチャーはヤクルトの館山(昌平)、中日の吉見(一起)、そして広島の黒田なんですよ。打たれても抑えてもあたふたしないじゃないですか。同じ自分のスタイルで投げ続ける、これがエースですよ。それを野村は黒田から見習った、僕はそんな気がします。

テリー 新井選手は絶対、今年のMVP候補ですね。

衣笠 新井もいちばん変わったのは気持ちですよね。彼は阪神に行った時に一度死にかけたんですよ。みずから望んで「自由契約にしてください」と球団に申し出て「どうぞ」と言われた。つまり、選手としては一度死んだも同然です。

テリー そうですね。

衣笠 でも、そこからよく復活しました。新井は“気持ち”をエネルギーにしている選手だと思うんです。まず、彼には2000本安打達成への強い思いがあったんじゃないかと思うんですね。だからこそ、もう一度、自分がポジション争いをできる場所を求めて広島に戻ってきた。

テリー いわば背水の陣ですね。

衣笠 そうです。それで、また広島のファンが温かく迎えましたからね。

テリー 一度出ていった選手にもかかわらず。

衣笠 新井本人も悩んだと言っていましたけど、広島のファンは若い時からがむしゃらに練習する彼の姿を見ていますからね。そんな熱狂的な後押しに乗せてもらった部分もあると思いますよ。

テリー (阪神の)金本監督は「何だよ、俺んとこにいる時に打ってくれよ」と思ってますよね(笑)。

衣笠 そりゃ確かに思うかもわからないけど(笑)、意外と「新井のためにはよかったな」と、金本は思ってると思いますよ。広島でなければ、ここまでできたかはわかりませんから。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」