芸能

竹中直人、北島三郎、田口浩正も昔は芸人だった!大物タレントの「赤面黒歴史」

20161010kitajima

 ドラマや映画で欠かすことのできないアノ有名人は、元芸人だった! そんな例が、少なくない。

 有名どころでは、大物俳優の竹中直人。映画のオファーが途絶えることのない、邦画界を代表する役者の1人だ。そんな竹中は、多摩美術大学在学中からブルース・リーのものまねをして、校内で有名な存在だった。在学中の77年「ぎんざNOW!」(TBS系)の「素人コメディアン道場」に出演。続いて、「TVジョッキー」(日本テレビ系)の素人勝ち抜きコーナー「ザ・チャレンジ」でチャンピオンになり、“笑いながら怒る人”というシュールなネタで、世に出るチャンスをつかんだ。

 一方、NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で“個性派俳優”の名を知らしめた田口浩正もそんな1人。テレビ朝日系の「必殺仕事人」シリーズ、「警視庁捜査一課9係」シリーズでもおなじみだが、88年の芸能界デビューは、コンビ芸人「テンション」だった。

「相方は小浦一優。『R-1ぐらんぷり2008』で準優勝してブレイクしたピン芸人の芋洗坂係長ですよ。2人は東京・六本木のショーパブで腕を磨いていたんです」(放送作家)

 超意外なのは、“演歌界の大御所”北島三郎だ。芸能界デビュー後の不遇時代は、「ゲルピンちん太・ぽん太」という漫才師だった。北島は、「ぽん太」だ。1961年当初、歌の師匠だった作曲家・船村徹が、弟子2人に度胸をつけさせるために、笑いの道へ進ませた。船村が台本まで書いたが、鳴かず飛ばずのまま3日で解体。

 ほかにも、吹越満、石倉三郎、でんでん、泉ピン子、Bro.KORNも売れない芸人時代を経て、今の地位を築いている。意外な一面に好感を持つ人も多いはずだが、当の本人にとっては触れられたくない黒歴史なのかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
4
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃