芸能

竹中直人、北島三郎、田口浩正も昔は芸人だった!大物タレントの「赤面黒歴史」

20161010kitajima

 ドラマや映画で欠かすことのできないアノ有名人は、元芸人だった! そんな例が、少なくない。

 有名どころでは、大物俳優の竹中直人。映画のオファーが途絶えることのない、邦画界を代表する役者の1人だ。そんな竹中は、多摩美術大学在学中からブルース・リーのものまねをして、校内で有名な存在だった。在学中の77年「ぎんざNOW!」(TBS系)の「素人コメディアン道場」に出演。続いて、「TVジョッキー」(日本テレビ系)の素人勝ち抜きコーナー「ザ・チャレンジ」でチャンピオンになり、“笑いながら怒る人”というシュールなネタで、世に出るチャンスをつかんだ。

 一方、NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で“個性派俳優”の名を知らしめた田口浩正もそんな1人。テレビ朝日系の「必殺仕事人」シリーズ、「警視庁捜査一課9係」シリーズでもおなじみだが、88年の芸能界デビューは、コンビ芸人「テンション」だった。

「相方は小浦一優。『R-1ぐらんぷり2008』で準優勝してブレイクしたピン芸人の芋洗坂係長ですよ。2人は東京・六本木のショーパブで腕を磨いていたんです」(放送作家)

 超意外なのは、“演歌界の大御所”北島三郎だ。芸能界デビュー後の不遇時代は、「ゲルピンちん太・ぽん太」という漫才師だった。北島は、「ぽん太」だ。1961年当初、歌の師匠だった作曲家・船村徹が、弟子2人に度胸をつけさせるために、笑いの道へ進ませた。船村が台本まで書いたが、鳴かず飛ばずのまま3日で解体。

 ほかにも、吹越満、石倉三郎、でんでん、泉ピン子、Bro.KORNも売れない芸人時代を経て、今の地位を築いている。意外な一面に好感を持つ人も多いはずだが、当の本人にとっては触れられたくない黒歴史なのかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!