芸能

フジオカとは艶が違う!織田裕二の「シミ汚肌」ドアップに視聴者がゲンナリ

20161018oda

 10月16日に放送された織田裕二の3年ぶりの主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)の初回視聴率が13.1%であることがわかった。IQ246の天才・法門寺家89代目当主法門寺沙羅駆(織田)が鋭い観察眼と膨大な知識で事件を解決するミステリーで、沙羅駆を警護する刑事に土屋太鳳、執事にディーン・フジオカ、法医学専門監察医に中谷美紀を配し、第1回目のゲストに石黒賢がキャスティングされた。

「初回の放送を観てがく然としたのは、謎解きを楽しむ刑事ドラマではなく、ツッコミどころ満載のコメディになっていたこと。織田の破天荒なキャラクター設定は刑事ドラマとして成り立つはずがないほど突拍子もなく、刑事ドラマファンには違和感ありありの内容だった。殺人現場に部外者が堂々と立ち入り、勝手に推理をまくしたて、逃走する犯人を執事が投げ飛ばして、刑事がようやく逮捕するなんてありえない。松本潤の弁護士なんてありえないとして最悪の前評判だった4月クールの『99.9』の15.5%に及ばなかったのは当然だろう」(スポーツ紙記者)

 低視聴率の原因として織田の役作りの失敗があげられている。テレビ誌記者が言う。

「織田といえば脚本にダメ出しし、ディレクターの演出に口をはさむ常習犯。それで出来あがったのがこの程度だったとしたら、かなりヒドイ。『相棒』(テレビ朝日系)の水谷豊や『古畑任三郎』(フジテレビ系)の田村正和を寄せ集めたような特徴のあるしゃべりが延々と続く。得意げに謎解きする部分はもちろん、執事や刑事に向かっての小馬鹿にした物言いも同じ一本調子で続けられ、聞いてるほうは疲れが何倍にもアップする。極めつけはあまりに多すぎる織田のドアップ。そのたびにシミだらけの汚肌が映し出され、げんなりさせられることこのうえない。お肌ツルツル、若さあふれるフジオカと並ぶとかなりしんどく、同年代の石黒のほうが何倍もアップに耐えられます。織田ファンには月日の変遷をまざまざと知らされるキツイ仕打ちとしか言いようがない」

 得意満面、したり顔で謎解きする“汚肌の変人”に視聴者はいつまで耐えられるか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々