事件

三女・アーチャリー「“秘”講演会」で明かされた麻原彰晃の「拘禁生活」!(2)麻原死刑囚の状態とは?

20161027dd2nd

 ここで森氏が麻原死刑囚の「重度な昏迷状態」について口を挟み、補足解説した。

「つまり弁護団としては、控訴趣意書を出せないんです。なぜ出せないか。控訴趣意書は本人に控訴するという意思がないと書けない。でも麻原は、まったくコミュニケーションができないんです。『治療させてくれ』と弁護団は申請したんですが、(裁判所が)受け付けない。弁護団は自分たちで精神科医を呼んで、診断書を手に『もう一度、精神鑑定をしてくれ』と。その結果、裁判所は(精神鑑定に)応じます。しかしどんな内容だったかというと、『麻原は詐病である』。つまり、精神昏迷を装っている、と」

 さらに森氏は、その判断の「根拠」について、次のように切り込む。

「例えば、こういった描写が(調書に)あります。この精神科医は3日間、麻原に面会したんです。1日目、麻原の目の前でボールペンを揺らすんです。でも麻原はまったく反応しない。2日目、同じようにボールペンを振ったら、麻原はそれを握った。精神科医が引っ張ったら、麻原は握ったまま離さなかった。つまり『この人はボールペンを握る能力はあるのに、1日目はそれを隠していた。実は装っていたんだ』という理屈なんですよ。納得できます?」

 つまり、麻原死刑囚は「拘禁障害」の症状を呈しているのであって、訴訟能力はある。控訴する気がないのではない。そしてアーチャリーともども、控訴棄却を裁判所による「だまし討ち」だと批判したのだ。

 アーチャリーは先の著書でこう書いている。

〈父が事件に関与したのかについて、今でも自分の中で留保し続けています。(中略)父は事件に関与したのかもしれないし、していないのかもしれない〉

 彼女にとって「オウム事件」はいまだ納得できない事柄であり、納得の鍵になると信じるのが、麻原死刑囚の「治療」である。

 森氏はこの件について、熱弁を展開した。

「まずは麻原を治療したうえで、あの事件は何だったのか、なぜ(一連の事件を)指示したのか、しっかりと解明していかなければならない。でなければ何の教訓にもならず、このままだと再発防止すらできないんですよ」

 アーチャリーがこれに呼応する。

「昨年、(精神科医の)先生が『あなたのお父さん、半年もあれば治してあげられるのに』と。私はぜひとも治療をしていただきたいと思っています。そのうえで、何が起こったのか、きっちりさせたいです」

 アーチャリーと森氏は、死刑執行の日を待つ麻原死刑囚の再審の可能性を捨てていないのである。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」