事件

三女・アーチャリー「“秘”講演会」で明かされた麻原彰晃の「拘禁生活」!(2)麻原死刑囚の状態とは?

20161027dd2nd

 ここで森氏が麻原死刑囚の「重度な昏迷状態」について口を挟み、補足解説した。

「つまり弁護団としては、控訴趣意書を出せないんです。なぜ出せないか。控訴趣意書は本人に控訴するという意思がないと書けない。でも麻原は、まったくコミュニケーションができないんです。『治療させてくれ』と弁護団は申請したんですが、(裁判所が)受け付けない。弁護団は自分たちで精神科医を呼んで、診断書を手に『もう一度、精神鑑定をしてくれ』と。その結果、裁判所は(精神鑑定に)応じます。しかしどんな内容だったかというと、『麻原は詐病である』。つまり、精神昏迷を装っている、と」

 さらに森氏は、その判断の「根拠」について、次のように切り込む。

「例えば、こういった描写が(調書に)あります。この精神科医は3日間、麻原に面会したんです。1日目、麻原の目の前でボールペンを揺らすんです。でも麻原はまったく反応しない。2日目、同じようにボールペンを振ったら、麻原はそれを握った。精神科医が引っ張ったら、麻原は握ったまま離さなかった。つまり『この人はボールペンを握る能力はあるのに、1日目はそれを隠していた。実は装っていたんだ』という理屈なんですよ。納得できます?」

 つまり、麻原死刑囚は「拘禁障害」の症状を呈しているのであって、訴訟能力はある。控訴する気がないのではない。そしてアーチャリーともども、控訴棄却を裁判所による「だまし討ち」だと批判したのだ。

 アーチャリーは先の著書でこう書いている。

〈父が事件に関与したのかについて、今でも自分の中で留保し続けています。(中略)父は事件に関与したのかもしれないし、していないのかもしれない〉

 彼女にとって「オウム事件」はいまだ納得できない事柄であり、納得の鍵になると信じるのが、麻原死刑囚の「治療」である。

 森氏はこの件について、熱弁を展開した。

「まずは麻原を治療したうえで、あの事件は何だったのか、なぜ(一連の事件を)指示したのか、しっかりと解明していかなければならない。でなければ何の教訓にもならず、このままだと再発防止すらできないんですよ」

 アーチャリーがこれに呼応する。

「昨年、(精神科医の)先生が『あなたのお父さん、半年もあれば治してあげられるのに』と。私はぜひとも治療をしていただきたいと思っています。そのうえで、何が起こったのか、きっちりさせたいです」

 アーチャリーと森氏は、死刑執行の日を待つ麻原死刑囚の再審の可能性を捨てていないのである。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?