スポーツ

黒田で負けるが吉?データが示す広島カープ日本一への「危険な落とし穴」

20161024kuroda

 今年の日本シリーズは、難攻不落と思われた大谷翔平を初戦で攻略、その勢いで広島東洋カープが本拠地連勝スタートを飾った。32年ぶり4度目の日本一まであと2勝と迫り地元はお祭り騒ぎとのことだが、広島のシリーズ制覇をこんな有力なデータも後押しする。それは過去の日本シリーズでのカープの第3戦、そして第4戦の“勝率の高さ”だ。過去6回のシリーズでの第3戦の勝率は4勝2敗で勝率6割6分7厘。第4戦に至っては5勝1分の勝率10割なのである。仮に黒田博樹先発の第3戦を落としたとしても、第4戦で王手をかけることが出来る可能性が大なのだ。

 とはいえ、こんなデータもある。それは過去6回出場のうち、初出場だった75年を除く5回が4勝3敗という熱いシリーズになったということ(その75年も1勝もできなかったが、2試合が引き分けとなり決着までに6戦かかっている)。そのうち、79年、80年、84年はみごとに日本一に輝いているが、86年と91年はすんでのところで逃している。特に86年は1引き分け3連勝のあとの4連敗。91年も先に王手をかけながらの逆転V逸だった。今回も2連勝とこれ以上ないスタートをきってはいるが、過去の傾向を考えると後半までもつれる可能性も大。油断は禁物なのである。

 そういう意味で、もし黒田で第3戦を落とした場合、ポイントは第4戦となる。前述のとおり、カープは過去6回のシリーズで6戦無敗。第3戦で負けてもこの第4戦を取り3勝1敗と王手をかける可能性が高い。しかも、このパターンになった場合、過去にはどのチームも日本一に輝いているのである。そのまま押し切ったケースもあれば、2連敗を喫して逆王手をかけられたケースもある。だが、後者の場合、いずれのチームも最後の第7戦をものにしてシリーズ制覇を成し遂げているのだ。日本シリーズにおいて3連勝から4連敗は過去3度もあるが、1勝3敗からの3連勝逆転日本一は一度というのも不思議といえば不思議なのだが‥‥。

 カープファンはもはや「日本一間違いなし!」というムードに包まれているようだが、データからはとにかく「4戦目を勝つ」ことが重要。いきなり2連勝をしたことで、第3戦の勝率のよさがよもやの大逆転負けへの布石にならないとも限らない。

 むしろ第3戦の黒田で落とし、第4戦を勝つことこそが最も“日本一への近道”となる。過去の歴史は確実にそう言っている。

(野球ライター・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
5
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況