事件

親分紳助が抱いた芸能界の「愛人」たち(3)「忘年会でビンゴの司会」「組長の葬儀に参列」

紳助だけじゃない芸能界「ヤクザ交遊者リスト」
「この程度でも引退しなければいけないんですよ!」。引退会見で紳助は他の芸能人に「注意」を促した。この「紳助ルール」を当てはめ、本誌は芸能界の「ヤクザ交遊者リスト」を作成。ここに全てを公開する!

 昨年暮れ、東京・六本木で広域組織3次団体の忘年会が行われた。参加した企業舎弟が言う。
「世話になっているカタギ衆に感謝するための忘年会だったから、参加者は警察が言う『周辺者』ばかり。そのメインゲストが漫才コンビCのS、紳助の吉本の後輩だね。ところが、このSが最悪。親分から相当な小遣いをもらっているだろうに、舞台に上がったら、芸を見せるどころか、『皆さんの業界も大変ですね。ほな、失礼します』と挨拶だけして、ベロベロになって帰ってしまった」
 この企業舎弟は職業柄、この種の会合にはよく顔を出す。そのたびに芸能人の顔を見てきたという。
「ある組長の誕生パーティで余興をしていた芸人Aは、ヒヤヒヤするぐらいのヤクザネタ漫談で会場を沸かせてたね。5年前だから人気絶頂の頃だけど、最後は『世間はどうこう言いますが、親分には昔から世話になっていますから、私は逃げも隠れもしません』なんて言って、親分をジーンとさせていた。それから、芸人Yもある組織の去年の忘年会で、ビンゴの司会をして会場を盛り上げていたな。高額商品が当たった人に、『今の気持ちを脱いで表現してください』と言って、コンパニオンの服をヒンむいてさ‥‥」(前出・企業舎弟)
 ヤクザ事情に詳しいジャーナリストの猪野健治氏はこう話す。
「両者が密接につながるのは江戸時代です。顔役が地域の芝居小屋の用心棒になるのが始まりです。明治以降は、芸能界もヤクザも形態を変えていき、芸能界は資本が必要となる。そこで、ヤクザは興行主や芸能事務所を手がけるようになっていくのです。公共施設をヤクザに貸さなくなる契機となった『第1次頂上作戦』、つまりは昭和30年代まではこの状態が続くのです」
 その典型例と言えるのは、三代目山口組・田岡一雄組長が営んだ「神戸芸能社」だろう。昭和の歌姫、美空ひばりが専属契約をしていたことで知られている。そして、現在でも、こうした関係はウラ側で続いている。広域組織幹部が言う。
「表向きは株式会社でも、今でも地方の興行主はその筋の者が多い。だから、地方公演が多い演歌歌手とはつながりができやすい。大物歌手のHなんて、みずから親分衆に電話して、『仕事ありませんか?』と営業しているぐらいだ」
 もちろん仕事が欲しいのは女性芸能人も同じだ。 在京組織の組員が言う。
「グラドルMは某親分にすり寄っていた。その親分もMを気に入ってしまい、イベントや雑誌のグラビアにネジ込んでやってた。てっきり愛人関係かと思っていたら、その親分が言うには『グラビアに出演が決まったら、電話にも出なくなった』そうだ。ヒドイ女だよ」
 逆にヤクザに「カモ」にされてしまう芸能人もいる。「演歌歌手のTは、親分衆と麻雀をやりすぎちゃって、負けが7000万円を超えてしまい、最終的には事務所が肩代わりした話は有名だ」(前出・広域組織幹部)
 明らかに一線を越えてしまったケースも‥‥。
「演歌歌手のKとYの曲の中には、ヤクザの親分が別名で作詞した曲が複数ある」(音楽業界関係者)
 さらに、タレントのOに至っては、ヤクザからも一目置かれる存在だ。
「数年前、大物親分が亡くなった。その親分に世話になった芸能人は多いのに、この時世だから、多くは代理の人間を葬儀に参列させた。ところが、Oは堂々と1人で参列して、涙ながらに焼香していった。Oは義理堅い、本物の男だと思ったよ」(前出・広域組織幹部)
 とはいえ、「紳助ルール」にのっとれば、みんな「アウト」である。ましてや、今年10月には「暴排条例」が全国自治体で完全施行される。中には、ヤクザと会食しただけでも「密接交際者」と認定される厳しい自治体もある。
「この条例は憲法違反です。ヤクザの生活権を奪うだけではありません。ある親分の同級生に建設会社の社長がいて、たまたま同窓会に出席しただけで、公共事業の指名業者から外されたケースもある。罪のないカタギをも痛めつけている。芸能人にしても、親族にヤクザがいるという人を知っていますが、彼らは親族ともつきあうことができないのでしょうか」( 前出・猪野氏)
 はからずも、紳助が言った「この程度」という言葉は、「暴排運動」の不明確さを浮き彫りにしたと言えよう。皆さんはどう思われただろうか。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!