芸能

佐野ひなこは「逆バーター女王」だった!「黒い十人の女」出演の裏事情とは?

20161110sano

 ドラマ「黒い十人の女」(日本テレビ系)が面白いと話題になっている。船越英一郎が演じるプロデューサーと10人の女の愛憎劇を、脚本のバカリズムがコミカルに描いている。ドラマ関係者が語る。

「視聴率は3%台ですが、この枠にしては好調で、前クール『遺産相続弁護士 柿崎真一』を上回るペースです。木曜23時枠ですが、水野美紀、若村麻由美、成海璃子、トリンドル玲奈など、『10人の女』が実に豪華。旬かどうかは別として、この時間帯に主役経験のある人たちを集められたのも人気の秘訣でしょう。ただ、このキャスティングができたのにはワケがあります。製作協力をホリプロがしていて、船越英一郎など多くの出演者がホリプロのタレントなんです」

「10人の女」のうち佐藤仁美、平山あや、白羽ゆり、佐野ひなこの4人がホリプロ所属だ。特に佐野は「バーター出演」が多いという。テレビ局スタッフが語る。

「『バーター』とは、要は『抱き合わせ』。人気者や大物を出演させる代わりに、同じ事務所の若手などを出すというもので、よくあることです。佐野さんは女優としての評価は低いですからね。今まで出たドラマは、ほとんど『バーター出演』ですよ。ただ、彼女の場合は逆なんです。愛想がとてもよく、業界内人気が高いため、キャスティング会議で『佐野ひなこを出したい』となるのですが、実力がないぶん、スムーズに通りません。そこで『佐野を出すため、同じ事務所の実力派にも出演してもらう』という『逆バーター』が成立しているんです」

 業界内で「逆バーターの女王」と呼ばれる佐野。「好きな人がいること」の吉田鋼太郎、「サイレーン」(共にフジテレビ系)の船越英一郎などもそうだというから驚きだ。

(長谷部葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ