エンタメ

Dr.コパと長利正弘氏が指南!「史上最強」必勝法で「年末ジャンボ」をブチ当てろ!(2)窓口は「4」「7」がオススメ!

20161201n2nd

 購入前の大切な風水作法に続き、コパ氏の推奨する「最強幸運日」(購入日)は、次の6日間だ。

【11月24日】神社を参拝し、「私が幸せになるお金を与えてください」と祈願し、お守り持参で宝くじを購入。その夜は、鶏の水炊きや鶏鍋、卵料理を食べる。

【11月27日】&【12月6日】自宅や職場から見て、東北と南西の売り場を避けて購入。当日、チーズやキノコ、チキンが食材の料理を食べる。例えばグラタンやドリアがオススメ。また、鶏肉は金運を呼び込む食材だけに、親子丼もいい。

【12月11日】プレゼントを購入するのにふさわしい日。プレゼントした宝くじに当せんのチャンスあり。うなぎや穴子、どじょうが開運フード。

【12月14日】40歳までの女性がツイている日。購入前に銀行に立ち寄ると、大当たりの呼び水になる。

【12月18日】旧友と一緒に購入。大根やゴボウなど、根菜が食材の郷土料理で運気アップを図る。

 もし、この6日間の購入がかなわない時のために、コパ氏がスペシャルデーを追加してくれた。

『11月25日』はカップルでの購入。縁を“引っ張る”日でもあるので、麺類を食べると勝負運がアップします。『11月29日』はピカピカの靴で身だしなみを整えて購入。40歳以上の男性のチャンスデーは『12月2日』。和食を食べてからの購入がツキを呼びます。『12月8日』はビギナーズラックが期待できます」

 さらに「12月21日」と最終日の「12月23日」は、誰にでもチャンスが訪れるという。

「冬至はみかんを食べて売り場に向かい、夜はゆず湯に入り、かぼちゃを食べる。天皇誕生日は新しい物を身につけましょう」

 購入日と同じく悩むのが売り場の選択だ。

「地名に『水』の付く地域で購入したいですね。17年のラッキー漢字『勝』『信』『上』『静』『喜』が付く地名もオススメです。そこがもし大きな売り場であれば、17年のラッキーナンバーの『4』か『7』の窓口に並んでみてください」

 また、「1度も当たったことがないしな~」と、弱気の人には、イメージチェンジをオススメする。

「男性ならヘアスタイルやヒゲを生やしてみたり、メガネのデザインや色を変えてみましょう」

 購入後、保管場所の基本は自宅の中央だが、こんな意外な場所も最適だ。

「ベッドの布団の下で、ヘソの下あたり。畳んだ時は押し入れの敷布団の中がいいでしょう」

 コパ氏が推奨する開運アクションの「食」については、先日発売された「Dr.コパの大金運風水2017年版」(小社刊)に写真付きで詳しく掲載されているので、金運や幸運を呼び込む参考にしてみては。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」