政治

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(10)財界の重鎮をモデルに勧誘

20161208l1st

 とびきりの度胸とイメージ戦略を武器に、小池百合子は日本の“常識”に次々とメスを入れていく。フォーマルの場での軽装を推進した「クールビズ」、あえて造反組の選挙区を選んでの衆院選立候補など、タブーを怖れず邁進する彼女の新たな戦場は、都庁の頂点であった!

 小池百合子は、00年(平成12年)の自由党分裂に際して、小沢一郎と袂を分かち、保守党に参加した。その後、自民党に入党し、03年(平成15年)9月には、小泉内閣で環境大臣に起用され、初入閣を果たした。

 04年(平成16年)9月、環境大臣に再任された小池は、新たに「沖縄及び北方対策」の特命担当大臣も兼任することになった。

 その直後、沖縄に視察に出向いた小池は、会場のカラフルさに息を呑んだ。赤、青、黄の原色に落ち着いた芭蕉布や藍染の「かりゆし」が入り乱れている。

 小池は思った。

〈この沖縄の姿こそ、夏の軽装の理想の姿だ〉

 小池は、かりゆしの普及に至るまでの苦労や工夫を参考に、夏の軽装化の全国展開を目指すことにした。

 小池は、環境省の炭谷茂事務次官にも相談した。

「私、ビジネスマンが背広から逃れられないという呪縛から解放してあげようと思っているんだけど、どうかしら? でも単にノーネクタイって言っても効果なんて期待できないから、大義を設定しましょう。“地球温暖化対策・防止”という、非常に大きな普遍的なテーマを掲げたらどうかしら?」

 炭谷は賛成したが、一方で思った。

〈みんなが、サッとノーネクタイを受け入れられるかな‥‥〉

 日本人の性格からすれば、一瞬は受け入れられるかもしれない。だが、それが定着するところまでは想像できなかった。ところが、小池には確固たる自信があったようだった。

 小池は、徐々に考えをまとめていった。そして、具体的に頭の中で整理がついた。

〈オフィスで働く男性をターゲットに、大キャンペーンをしかけてみよう〉

 この時、翌05年(平成17年)3月25日から9月25日まで、「愛・地球博」が開催される予定だった。環境省では、子ども向けの環境人形劇と環境コンサートを企画していた。

 が、小池は、環境省主催のイベントとしては物足りなさを感じた。

〈インパクトが足りない。人形劇とコンサートで、3000人の会場が埋まるだろうか?〉

 小池は提案した。

「例えばファッションショーなんて、どう?」

 モデルは、財界トップ。その理由は、「上司から変わらないと、部下は変えたくても変えられない」からだった。

 小池は、いわば「日本の上司中の上司」とも言える、日本経団連会長でトヨタ自動車会長の奥田碩から口説くことにした。

 年が明けた05年1月、小池は奥田に電話を入れた。

「6月5日の日曜日、名古屋なんですけど、ご予定は空いていらっしゃいますか?」

 日程を確認しているのか、しばらく間を置いてから、奥田は答えた。

「ああ、大丈夫、空いてますよ」

 小池は小躍りした。

〈やった! これでプロジェクトの8割は成功した〉

 小池は切り出した。

「実は、ファッションショーのモデルを依頼したいのですが‥‥」

 奥田は、どうやらゴルフの誘いと勘違いをしていたらしい。ファッションショーと聞いて、しばらく絶句した。

「えーッ、モデルですか‥‥」

 しかし、小池がその趣旨を説明すると、奥田は快諾してくれた。

 次のターゲットは、松下電器産業(現・パナソニック)の森下洋一会長とオリックスの宮内義彦会長であった。

 2人は、小池がカイロ大学に留学するまでの間在籍していた関西学院大学の出身であった。

 小池の要請に、2人とも快諾してくれた。

 小池は確信していた。

〈この3人がOKした、快諾した、という強いお墨つきは、「そんな方々が出るのなら」という大きな安心感を生むに違いない〉

大下英治(作家):1944年、広島県生まれ。政治・経済・芸能と幅広いドキュメント小説をメインに執筆、テレビのコメンテーターとしても活躍中。政治家に関する書籍も数多く手がけており、最新刊は「挑戦 小池百合子伝」(河出書房新社)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
姉・平愛梨を超えた!?平祐奈の胸が急成長しているッ
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)