女子アナ

元SKE48柴田阿弥が競馬番組MC大抜擢も“出走”前から大逆風なワケとは?

20161208shibata

 アイドルファンは大喜びだが、競馬ファンはガッカリ!?

 8月にSKE48を卒業し、フリーアナウンサーとしてスタートを切った柴田阿弥が、競馬番組「ウイニング競馬」(テレビ東京系)のMCを来年1月から担当することが発表された。フリーアナ転身後の柴田にとってはこれが地上波番組では初レギュラー。現在は競馬用語を猛勉強中とのことだ。

「AKBグループからフリーアナウンサーへの転身も驚きましたが、まさかここまで早くレギュラー番組を持つことができるとは‥‥。とはいえ、元アイドルでルックスがいいことはもちろん、バラエティ番組などでのリアクションや対応力も良く、SKEの中でも頭脳派メンバーとして知られており、頭の回転は速いですよ」(アイドル誌ライター)

 11月26日には同じ事務所に所属する岡副麻希、川田裕美らとともに人気女子アナ軍団の1人として「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の「爆裂お父さん20周年SP」に出演。「加藤浩次にプロレス技をかけられていましたが、そんな中でも自慢の目ヂカラの強さをアピール。しかも、その時の表情が“一瞬、石原さとみに見えた”とも話題になるなど、新たなファンが急増中と聞きます」(前出・アイドル誌ライター)

 もちろん彼女のSKE時代からのファンたちも大喜びで、全力でエールを送っているが、一方で、「ウイニング競馬」ファンの心情を複雑なようだ。週刊誌競馬記者が語る。

「15年1月から同番組でMCを務めてきたテレビ東京の鷲見玲奈アナが柴田さんと入れ替わるため、鷲見アナは12月いっぱいで降板することになります。しかし、いまやウイニング競馬の視聴率を支えていると言われているのが、鷲見アナの確信犯的なメガネルックと、競馬中継のカメラアングルを変えたと言われている“ロケットバスト”。突き出たあの横アングルが見られなくなるのは、競馬ファンには馬券が外れたのと同じぐらいショックのようです」

 ネット上では「ウイニング競馬を見る楽しみがなくなった」「テレ東は何を考えてるんだ?」「アイドル娘に鷲見ちゃんの代役が務まるわけがない」と、柴田にとっては“出走”前から逆風が吹き荒れている。

 しかし、SKE時代はファンを釣ることが上手い“釣り師”としてもならした柴田だけに、1年後にはオヤジを総なめにしている可能性も。どのように番組になじんでいくのか注目だ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」