政治

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(11)「クールビズ」は流行語に

20161208l2nd

 一方、小池は、ネーミング選定の段階から多くの人を巻き込もうと考え、「夏の新しいビジネス・スタイル」をテーマに地球温暖化防止キャンペーンの名称を公募した。ハガキやメールで約3200件もの応募が寄せられた。

 選考の際、小池は、ただ1点だけ注文をつけた。

「『クール』という言葉だけは入れたい」

 クール(COOL)には、「涼しい」の他に「格好いい」という意味がある。

「涼しくて、格好いい」

 これこそ、小池の思い描いていたイメージであり、最大の戦略でもあった。

 選考の結果、「クール」と仕事や職業の意味を表すビジネスの短縮形の「ビズ」を合わせた造語、「クールビズ」に決まった。

 6月1日、「夏の軽装運動(クールビズ)」のスタートと同時に、小泉純一郎総理自らが沖縄のかりゆしを着用して、マスコミの前に登場してみせた。

「かりゆしウェアです。いいでしょ。ネクタイをしないだけで楽だね」

 6月5日、「愛・地球博」会場内のEXPOドームで「COOL BIZ COLLECTION」が開催された。

 最初に、若手社員2名がクールなスーツにノーネクタイのスタイルで登場し、続いて各社のトップが登場した。

 まず最初に、オリックスの宮内義彦会長が登場し、続いて、三越の中村胤夫会長や富士ゼロックスの宮原明相談役、三洋電機の井植敏会長、大林組の大林剛郎会長、大同特殊鋼の小澤正俊社長、中部電力の川口文夫社長、ユニーの佐々木孝治社長、昭和シェル石油の新美春之会長、東邦ガスの早川敏生会長、そして、松下電器産業の森下洋一会長が次々と登場した。普段は見ることができない各社のトップたちの姿に、会場には笑いや歓声が沸き、大盛り上がりとなった。

 そし、最後には、スペシャルゲストモデルとして、経団連会長でトヨタ自動車会長の奥田碩と、阪神タイガースのシニアディレクターだった星野仙一が登場した。それぞれ黒と白のクール・ビズスーツをまとい、舞台左右から同時にステージへ登場した。

「まるで裸のように軽い」

 奥田が感想を述べると、

「シャツ1枚で歩いている気がするくらい軽い」

 と星野も、とても気に入ったようだった。

 最後に小池がクールビズをPRして幕を閉じた。

「ファッションをきっかけにして、ライフスタイルを見直してほしい」

 小池の戦略は大成功だった。「クールビズ」は、世の中に一大ブームを呼び起こし、この年の「新語・流行語大賞」のトップテンに選ばれるほどだった。

 ファッションショーの開催から2カ月後の05年8月8日、小泉総理は衆議院を解散した。いわゆる“郵政解散”である。

 この日、小池は解散のための衆議院本会議が始まるまでの間、自民党幹部と連絡を取り合っていた。

 その幹部は、ため息まじりに言った。

「(造反組の)選挙区が、いっぱい空いてしまう。それを埋めるのは、大変だよ。あなたみたいな人が、どこかから出てくれないかな」

 小泉総理は、郵政民営化関連法案の衆議院採決で反対した37人を公認しない方針を示していた。

 幹部は続けた。

「あ、そうか、あなたは今回、兵庫から小選挙区で出るんだったよね」

 阪上善秀とコスタリカ方式を取る小池は、前回の総選挙では比例に回った。今回は、小池が兵庫6区から立候補する番であった。

 話はそこで終わったが、この夜、小池はいろいろと考えた。

〈下手すれば、民主党が勝ち、政権交代が起こるかもしれない。そうなれば、これまでやってきたことが、根幹からひっくり返ってしまう。そうさせてはいけない〉

 小池は覚悟を決めた。

〈私自身が反対派の対立候補として起爆剤になろう。そうすることで、国民の共感を呼ぶことになるかもしれない〉

大下英治(作家):1944年、広島県生まれ。政治・経済・芸能と幅広いドキュメント小説をメインに執筆、テレビのコメンテーターとしても活躍中。政治家に関する書籍も数多く手がけており、最新刊は「挑戦 小池百合子伝」(河出書房新社)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】