芸能

男性500人にアンケート!「オレが好きにしたい“美女アナ”」(1)日テレ・水卜麻美アナが「柔らかそうなボディ」で1位

20161222f

 毎年恒例の「好きな女子アナランキング」が発表された。が、その評価のコメントは「かわいい」「美人」と本心から出たとは思えぬ物足りないものばかり。日頃、胸に秘め続けた諸兄の欲望の受け皿となるべく、「好きにしたい女子アナランキング」を実施! これこそが男性による男性のためのランキングである。

 今回、女子アナに一家言を持つ男性500人にアンケートを実施した。内容が内容だけに、何かと今年話題になった新鋭アナが名を連ねる中、「ここは指定席よ」と言わんばかりに、ここでも女王に君臨したのは、日本テレビの水ト麻美アナ(29)だ。

「彼女はノリのよい反応をしますが、女性を捨てておらず、いい意味で品がある。この“お願いしたら笑って何でもやってくれそう”さ加減が男性の妄想を刺激するのでしょう。おまけに、どこを触っても柔らかそうなボディ。ポッチャリとデブのギリギリのラインで、肉感的な魅力を持ち続けています」

 こう評する女子アナ評論家の丸山大次郎氏に続けとばかり、ファンもスケベ妄想全開である。

〈ムチムチした尻肉に愚息を挟み込んで欲望を吐き出したい! 激しくしてもきちんと“お掃除”してくれそうな品のよさがある〉(奈良県・会社員・42歳)

〈一緒に温泉に入って、あのプヨプヨした体に指をはわせたい。おなかをつまみながら『このお肉は何なのかなぁ』と責めてみたい〉(大阪府・自営業・60歳)

 そんな水トアナは正調な女子アナランキングの女王とはいえ、そこに甘んじる気はないようである。

「局内のコンビニでスイーツを吟味する姿をよく見かけるなど食欲は相変わらずです。そのかいあってか、局内では推定Dカップだった胸がFになったとも言われています」(日テレ局員)

 前出・丸山氏によると「二の腕のむっちり感は女子アナ界ナンバーワン」というのであわせて注目したい。

 2位も1位同様に本家ランキングをスライドさせた加藤綾子(31)が入ったが、3位には本家で8位の夏目三久(32)が浮上してきた。

 8月に有吉弘行との交際・妊娠疑惑が報じられながらも毅然と否定を続けたりりしい才女にM心をくすぐられる男性が続発。「甘えたい」系のコメントが相次いだ。

〈口元は笑っていても、常に目だけは笑っていない氷の女王。『この豚!』と罵られればM男冥利に尽きますね〉(東京・会社役員・61歳)

 今回の主旨とは違い、「好きに“されたい”」だが、妄想をかきたてる存在ではあるようだ。「古豪復活」感漂う皆藤愛子(32)は4位にランクイン。愛くるしいルックスに加え、既報だが「週刊報道Bizストリート」(BS-TBS)などでのミニスカパンチラが集票に反映したようだ。

〈毎週パンチラ目当てに見ているが、小学生時代を思い出して楽しい。ロリっぽい皆藤アナに綿パンツをはかせて、番組に出演させたい〉(静岡県・ドライバー・38歳)

〈年齢を重ねてもかわいらしいままの『合法ロリアナ』。ゴスロリ服を着た皆藤アナを膝の上に乗せ、イタズラしたい〉(宮城県・会社員・59歳)

 ポッチャリ、S気質にロリ‥‥。特定の層から根強い支援を受けている個性を持った美女アナたちが上位に君臨したものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白