芸能

2016年「神ってる艶美女」大賞!<映画・ドラマ部門>(2)広瀬すずは映画「怒り」の演技で“宮沢りえ越え”に期待

20161222n

 一方、濡れ場は若手女優だけに任せておけない、と名乗りを上げたのが、「シェル・コレクター」(ビターズ・エンド)の寺島しのぶ(43)だ。さいはての離島で熟練の腰振りロングプレイで見せつけている。

「艶美女大賞ではどっしり安定感のある横綱。もはや着物を着ているほうが違和感があるくらいです。梨園出身ながら、スナックにいる気のおけないワケあり熟女を演じることができる懐の深さが、彼女の色気の真骨頂なのでは」(コトブキ氏)

 ドラマでは前田敦子(25)が脱アイドルを期して挑んだ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)に注目が集まった。芸能評論家の織田祐二氏が激推しする。

「玄関でランジェリー姿のまま恋人をお出迎え。いきなり濃厚なキス、そして部屋でのイチャイチャぶりがすさまじかった。終わったあとも、互いの首元に顔や唇を寄せて、まだまだエッチし足りない感じがプライベートでのセックスを連想させます。また、シティホテルでの、夜景を見ながらの立ちバックは、元アイドルの抑えきれない性衝動を感じさせました」

「不機嫌な果実」(テレビ朝日系)では、栗山千明(32)と橋本マナミ(32)のセクシー共演が話題に。

「甲乙つけがたいですが、男が栗山のスベスベ肌の背中を抱きながらの露天風呂シーンは、これぞ男の本懐とも言うべき。間違いなく後ろから如意棒を突き刺してしまうこと請け合いです」(前出・織田氏)

 ここで群雄割拠の大賞候補に割って入ったのが、「怒り」(東宝)の広瀬すず(18)である。広瀬は沖縄に引っ越した女子高生役。夜の公園で2人組の米兵に襲われて逃げ惑うもパンティを剥ぎ取られ、背後から強姦されたのだ。

「日本映画を引っ張っていく清純派女優が、米兵から凌辱されるシーンを経験したことで、今後の幅広い演技を期待させます。かつて同じ年齢で『Santa Fe』を撮った宮沢りえのように、大女優になる可能性がある」(前出・コトブキ氏)

 ぜひとも「りえ超え」濡れ場を期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由