芸能

久保田利伸が明かした「LA・LA・LA LOVE SONG」の「ラララ」秘話がスゴイ!

20161215kubota

 ヒットの理由は未完だったから!?

 久保田利伸が12月10日放送の「バズリズム」(日本テレビ系)に出演し、自身の代表曲「LA・LA・LA LOVE SONG」の知られざる制作秘話について語った。

 久保田は音楽を作るうえで、歌詞より先にメロディー先行で作るということなのだが、「LA・LA・LA LOVE SONG」もその順番で作ったという。

 同楽曲といえば、1996年に放送されたSMAP・木村拓哉主演の人気ドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)の主題歌で、ダブルミリオンを記録。久保田の中で最も広い世代に知られている楽曲といっても過言ではない。

 そんな同楽曲だが、久保田は制作するのにかなり苦労したようで、リリース後もある理由から複雑な思いを抱いていたようだ。

「久保田いわく、同楽曲は『適当にメロディー先行でやりすぎたせいで、歌詞がまったく浮かんでこない』という状況に陥ったようです。特にサビの最後の一番大事な部分の歌詞がどうしても浮かばず、締め切りが過ぎても結局納得いく歌詞が出てこなかったそうで、その空白の部分を『ラララ』で埋めて、出したそうです。そう、その部分こそが『LA・LA・LA・LA・LA LOVE SONG』という同楽曲を象徴するフレーズです。結果、大ヒットとなったわけですが、久保田はリリースして1、2年は『ものすごく罪悪感がありましたよ』と、申し訳ない気持ちでいっぱいだったようです」(エンタメ誌ライター)

 MCのバカリズムは「それでも出しちゃえって言うのがファンキーじゃないですか」と、すかさずフォローを入れていたが、それに対しても久保田は「いやいや、実際それは間に合わなかったんです。出すしかなかった」と、本当に心に引っかかっている出来事のようだ。

「しかし、バカリズムも『僕らからすればあそこはもう“ラララ”でしかないですよ』と、それ以上の正解はないと話していましたが、世間からも『あそこはラララだから歌ってて、気持ちいいんだよな』『あの曲ほどラララを上手く使ってる曲はない』『代わりの歌詞が思いついてるとしても、あそこだけは変えないほうがいい』と、その部分を絶賛する人がほとんど。未完成で出した部分が一番気に入られているわけですから、スゴいことです」(前出・エンタメ誌ライター)

 あの部分に別の言葉が入っていたら、これほどまでの大ヒットにはなっていなかったかもしれない。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身