芸能

敬語使えよ!「タモリに終始タメ口」Mステ初登場ガールズバンドに嫌悪反応

 その存在が広く認知されていないだけに、いきなりのタメ口に視聴者もイラっときてしまったようだ。

 5月11日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、同番組初登場のガールズバンドが番組MCのタモリにタメ口をきいていたとして炎上している。そのバンドというのが愛知県名古屋市で結成された4人組ガールズバンド「CHAI」だ。同バンドはピンクを基調にしたポップなルックスで、「NEOかわいい」をコンセプトに活動中だが、この「NEOかわいい」の意味についてタモリが訊ねると、同バンドのマナはこのように答えている。

「あのね、NEOかわいいっていうのは、CHAIがそもそも4人ともすっごいコンプレックスが多くて、見ての通り全然完璧じゃないの。コンプレックスってみんな持ってるもので、コンプレックスはその人の個性だし、その人にしかないし、でもそれをすごくかわいいと思っていて。だからかわいくない人なんていないと思ってる。そう、それを『NEOかわいい』って言って、みんなをかわいいって言いたいの」

 つまり、コンプレックスも1つの個性。誰しもがかわいいものを何か持っているということだが、「あのね」から始まり、「言いたいの」など、やはりタメ口が気になってしまうところ。

また、この説明中には他のメンバーも「そう」「そう」と、相づちを打っていた。

「CHAIはこの日の深夜放送の音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)でも、MCのバカリズムを相手に(こちらは初出演ではないが)タメ口でトークをしていましたから、そういったキャラ設定なんでしょう。昨年全米ツアーを経験していたり、多くのミュージシャンたちが高く評価しているバンドですから、音楽通の人であればその存在は認知しているといった存在でしょう。でも、タモリ相手になかなかタメ口でトークをするゲストは珍しいですし、そこまで全国的には名前が知られていないバンドが業界の大先輩にタメ口をきいているということもあって、CHAIを知らない人の中には不快に思った人も多かったようです。大学時代に同バンドを結成したということですから、少なくても20代中盤から後半ぐらいの年齢ではあるため、その年齢で、タメ口を使っているという点も常識知らずのように、厳しく見られているようですね」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からは「NEOかわいいとかどうでもいいから、まずタメ口やめろ」「タモさんにタメ口は引いたな」「“タモリ様”って呼んでいたさかなクンを見習え」といった批判の声が多数見受けられている。グラミー賞受賞を目指しているという彼女たち。タモリにタメ口というだけで大物の予感はするが、はたしてタモリにタメ口をきくのが当たり前に許される存在になることができるのか注目だ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由